金融犯罪対策

悪質な金融犯罪に対する対策を講じるとともに、被害者の救済に取り組み、お客さまが安心してサービスをご利用いただけるように努めています。

金融犯罪防止対策と被害者の救済

「オレオレ詐欺」・「還付金詐欺」等の振り込め詐欺や、「投資詐欺」の被害は依然として多発しています。また、銀行を装う偽メールによりインターネットバンキングのID・パスワード等を盗み取る「フィッシング詐欺」や、お客さまのパソコンをウィルスに感染させ、不正な送金を行う犯罪も発生しています。
グループ各社では、こうした犯罪の対策や被害者の救済等に積極的に取り組んでいます。

振り込め詐欺・投資詐欺の被害防止対策銀行信託

振り込め詐欺や投資詐欺の巧妙な手口に気づいていただくため、注意を呼びかけるご案内を、ポスターやATM画面等で行っています。店頭での多額の現金引き出しや振り込みの受付に際しては、係員が直接注意を呼びかけ、お取引の内容・目的等をお伺いするほか、警察へ連携する等、犯罪を未然に防止する取り組みを行っています。また、口座開設時は、ご本人であることの確認やご利用目的等をお伺いし、銀行口座が犯罪に利用されないように努めています。

偽造・盗難キャッシュカード被害防止対策銀行信託

キャッシュカードの偽造・盗難による被害を防止するため、ICカードの発行を導入しています。また、暗証番号を他人に知られたり、推測されないように、覗き見防止のための後方確認ミラーの設置をはじめ、ATM画面への偏光フィルムの貼付けや、画面上での暗証番号管理の呼びかけを実施しています。さらに、三菱東京UFJ銀行では身体認証を利用した本人確認技術を導入しています。

インターネットバンキングのセキュリティ対策銀行信託

インターネットバンキング取引では、フィッシング詐欺やコンピューターウィルスによる第三者の不正アクセス、ご契約者本人へのなりすまし等に対し、適切なセキュリティ対策を構築しています。

送信元を確認できる「電子署名」システムを導入し、お客さまに送信したメールが途中で改ざんされた場合、警告メッセージが表示される等の対策を講じています。また、インターネットバンキング等の取引画面において、真正なサーバーに接続されているかどうか、お客さまのパソコンから確認していただくことができます。さらに、お客さまのパソコンのコンピューターウィルス感染対策として、インターネットバンキング専用のウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」(無料)の利用をおすすめしています。個人のお客さまには、インターネットバンキングの取引認証において、お取引ごとに1回限り有効のパスワードを表示する「ワンタイムパスワードカード」を提供し(三菱東京UFJ銀行ではスマートフォンアプリでのワンタイムパスワードも提供しています)、第三者による不正取引リスクの低減を図っています。

法人のお客さまには、法人向けインターネットサービス「BizSTATION」(三菱東京UFJ銀行)、「MUTBビジネスダイレクト」(三菱UFJ信託銀行)において、それぞれ「ワンタイムパスワードカード」(三菱東京UFJ銀行)、「ワンタイムパスワード(トークン)」(三菱UFJ信託銀行)を提供し、セキュリティ対策を実施しています。

カード不正使用の防止にPCIDSSを導入ニコス

クレジットカードの会員データを安全に取り扱うことを目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ国際基準「PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」に準拠するため、全社的な取り組みを行っています。2010年9月にインターネットでのカード決済を提供する「ECカード決済システム」にて準拠認証を取得。その後順次適用範囲を広げ、2014年12月には主要システムの準拠認定を取得し、セキュリティの維持・向上に努めています。

クレジットカードの不正利用に対する取り組みニコス

三菱UFJニコスは、悪質なカード犯罪にお客さまが巻きこまれないようにするために「クレジットカード不正使用検知システム」を導入し、お客さまのカードが第三者に不正に使用されていないかの監視を24時間365日体制で行っています。

お客さまに安心してカードをご利用いただくため、不審なお取引を検知した際、一時的にカードの機能を停止したり、店頭でのご利用時にご本人であることの確認をする場合がございます。またカード情報が第三者に流出している可能性のあるお客さまには、新たなカードへの差替え(再発行)当の対策を実施しております。

振り込め詐欺被害者の救済銀行信託

2008年6月施行の「振り込め詐欺救済法」に基づき、犯罪に利用された金融機関の口座に、引き出されずに残っている犯罪被害資金を、被害者の方々に返還しています。

預金等の不正払い戻し被害者の救済銀行信託証券

三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行は、偽造・盗難キャッシュカード、盗難通帳、インターネットバンキングの不正利用による預金等の不正払い戻し被害に対し、預金者保護法および全国銀行協会の申し合わせに基づき、お客さまへの補償を行っています。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、偽造・盗難カードによる不正引き出しの被害に対し、日本証券業協会の自主規制規則に基づいた補償を行っています。

(2017年7月現在)

MUFGのCSRに関するご意見・ご感想をお聞かせください。
top