ホームCSR-社会とともに > MUFGのCSR

MUFGのCSR

私たちは、「経営ビジョン」「行動規範」を踏まえ、CSR活動に取り組んでいます。

経営ビジョンと私たちのCSR

経営ビジョン・行動規範

経営ビジョンは、MUFGグループが経営活動を遂行するにあたって最も基本的な姿勢を示した価値観であり、全ての活動の指針とするものです。経営戦略や経営計画の策定等、経営の意思決定のよりどころとし、また、全役職員の精神的支柱として、諸活動の基本方針としています。

行動規範は、グループの役職員が日々いかに判断し行動すべきかの基準を示すものとして、MUFGの経営ビジョンのもとに制定されています。

MUFGがめざすCSR

金融機関には、金融システムの安定・維持を図り、社会の健全な成長に貢献するという責任があります。社会の礎として社会的使命を果たすとともに、金融を通じた社会課題の解決に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献することが、MUFGのめざすCSRです。
そして、私たちは「経営ビジョン」「行動規範」を踏まえ、業務を通してCSR活動に取り組んでいます。

CSRの推進体制

グループ経営戦略と一体化したCSR推進体制を構築しています。

MUFGのCSR推進体制

グループ全体でCSR活動を推進していくため、持株会社の経営会議メンバーを中心とした「CSR委員会」を設置し、原則年2回開催しています。同委員会を通じて、グループCSR活動方針の審議や施策の展開、各社間の連携強化を図っています。そして、グループ全体方針に沿って、各社の特性を活かしたCSR活動を推進しています。

(2017年7月現在)

MUFGのCSRに関するご意見・ご感想をお聞かせください。
top