ホームCSR-社会とともに > イニシアチブへの参加

イニシアチブへの参加

環境と持続可能性に配慮した事業のあり方を追求し、普及・推進するために各種イニシアチブへ参画しています。

国連グローバル・コンパクトの支持

MUFGは、国連グローバル・コンパクトの支持を表明しています。国連グローバル・コンパクトは、1999年にコフィ―・アナン国連事務総長(当時)が提唱した自主行動原則です。世界中の企業・団体に対し、影響力のおよぶ範囲内で、人権、労働、環境、腐敗防止に関する国際的規範を支持し実践するよう促しています。MUFGは、「持続可能な社会の実現への貢献」をめざす金融グループとして、国連グローバル・コンパクトの原則に賛同し、地球市民としての責務を果たしていきます。

国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)への参加

MUFGは、「国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)」に署名しています。これは「金融機関のさまざまな業務において、環境および持続可能性に配慮したもっとも望ましい事業のあり方を追求し、これを普及、促進すること」を目的とした官民パートナーシップです。

責任投資原則(PRI)の普及・推進信託

UNEP FIは国連グローバル・コンパクトとともに2006年に発表された「責任投資原則(PRI)」を推進しています。PRIは、受託者責任の範囲内で投資の意思決定に環境、社会、ガバナンス(ESG)問題を取り込み、長期的な投資成果を向上させることを目的としています。三菱UFJ信託銀行は2006年5月に国内の機関投資家の第一陣として同原則に署名し、PRIに基づく投資行動を国内に広げる活動を進めています。

カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)に参加

「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)」とは、世界の機関投資家が連携し、企業の気候変動戦略や具体的な温室効果ガスの排出量の公表を求めるプロジェクトです。MUFGは2004年より参加しています。

21世紀金融行動原則への署名銀行信託リース

三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行および三菱UFJリースは、金融機関の主体的な取り組みによる「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」に、2011年11月策定当初より署名しています。21世紀金融行動原則は、持続可能な社会づくりに向けた金融行動に最善の努力を行う等を掲げた7項目、およびこの原則を実践するための業務別ガイドラインからなります。今後も環境や社会に配慮する取り組みを本原則に基づき、積極的に実践していきます。

赤道原則の採択と運用銀行

三菱東京UFJ銀行は、大型の開発プロジェクトへの融資を手がける際の環境社会影響配慮の枠組みとして「赤道原則」を採択しています。

「メッセナゴヤ2015」への出展銀行

2015年11月、日本最大級の異業種交流展示会「メッセナゴヤ2015」が名古屋市内で開催されました。通算10回目となる今回は、「新たな価値を生み出す未来交流」をテーマに、過去最高の1,300を超える企業・団体が出展し、入場者数は4日間で6万人を超えました。

三菱東京UFJ銀行は毎年本展示会に出展し、一人でも多くの方に知って頂くよう、グループ各社の取り組みを映像やパネル、ミニセミナーを通じて、紹介しています。

銀行の商品・サービスに関する展示のほか、お客さまのニーズや社会の変化に対応するため国内外で実施しているさまざまな取り組みを紹介しており、グループ各社の環境保全活動等も紹介しています。

出展ブース

出展ブース

人型ロボットNAOの銀行店舗試行に関するミニセミナーの様子

人型ロボットNAOの銀行店舗試行に関するミニセミナーの様子

(2016年7月現在)

MUFGのCSRに関するご意見・ご感想をお聞かせください。
top