東日本大震災からの復興支援

MUFGでは、金融本業および社会貢献の両面から、中長期的な視点で、被災地の復興支援を行っています。時間の経過とともに変化する被災地の支援ニーズに応えながら、被災された皆さまが一日でも早く穏やかな生活に戻れるよう、グループ各社一丸となり支援活動に取り組んでいます。

金融本業を通じた取り組み

官民連携による支援銀行

三菱東京UFJ銀行は、官公庁や自治体との連携による復興エリアの投資促進をめざし、「復興官民連携室」を仙台の営業拠点内に設置して、復興庁の支援制度を利用した融資等、本業を通じた復興支援を行っています。

電子記録債権を活用した資金支援スキームを構築

被災地復興に向けては、復興公営住宅の建設が急務となっていますが、復興公営住宅建設にあたっては、事業者への支払いが全戸引き渡し時に一括して行われるため、それまでの事業者の資金繰りが課題となっていました。この課題に対し、三菱東京UFJ銀行では、復興支援の一環として宮城県女川町復興公営住宅建設推進協議会向けに、電子記録債権を活用した資金支援スキームを構築しています。事業者が実質的な出来高払いを受け取れる資金支援スキームの構築により、事業者の資金繰りの負担軽減につながっています。

宮城県女川町 復興公営住宅建設作業の様子

女川町復興公営住宅建設の決済スキーム

女川町復興公営住宅建設の決済スキーム

利子補給制度を活用した資金支援

復興特区に指定された被災地(227市町村)での復興計画の中核事業への融資に対しては、国が最大0.7%分の利子を5年間補給する復興特区利子補給制度があります。この復興特区利子補給制度の利用により、復興計画の中核事業を行う企業は、低利の融資を受けることができ、円滑な事業の実施につながります。
三菱東京UFJ銀行では、この制度を利用した融資として2016年度まで累計291億円(30件・2017年3月末時点)の実績があり、金融本業を通じた取り組みにより被災地の復興を支援しています。

Focus 三幸学園への広域通信制高校の校舎新設資金融資

全国に専門学校、大学や短期大学を展開する学校法人三幸学園は、宮城県登米市旧米山高校跡地における新たな広域通信制高校の校舎整備事業を行い、この事業が復興計画の中核事業に認定されました。これにより復興庁の復興特区利子補給制度を通じて、三菱東京UFJ銀行による低利融資が可能となり、2016年8月同制度を活用し、校舎新設資金として3億円の融資が実行されました。当該校舎開校により新たに10名(うち、津波で著しい被害を受けた近隣沿岸部から3名)の雇用が見込まれています。
本通信制高校は、宮城県随一の穀倉地帯である登米市の特徴を活かし、農業や6次産業化に関わる学習カリキュラムや特別・課外授業を設置し、地元農業生産法人と連携した実践的な農業機会を提供することで、同市の地域活性化を促進、そして被災地の震災復興に繋げていきます。

社会貢献活動を通じた取り組み

「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金」による支援

MUFGおよび三菱東京UFJ銀行は、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟と共同で2011年4月に「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金」を創設し、最長15年にわたる中長期的な復興支援に取り組んでいます。本基金は、「学校」を基点とし、東日本大震災により親を亡くされた小学生・中学生・高校生を対象とする奨学金プログラムを中心に、さまざまな活動を行っています。本基金の最終規模は30億円前後となる見込みです。

奨学金プログラム

プログラム開始時に一時金として10万円を給付し、高校卒業までの在学期間中月額2万円(年間24万円)の奨学金を給付するもので、これまでに約1,500名に奨学金を給付しています。本プログラムは2014 年度に小学校に入学した児童の新規募集を最後に、その奨学生が高校を卒業する2026 年まで継続していきます。

TOMODACHI イニシアチブへの参画

MUFGは、東京の米国大使館と米国の非営利組織・米日カウンシルが主導する日米交流事業(TOMODACHI イニシアチブ)に参画しています。被災地と米国の生徒・教職員が相互に交流する「TOMODACHI・MUFG国際交流プログラム」を通じ、2012年・2014年・2016年は日本から米国へ、2013年・2015年は米国から日本へ学生たちが訪れ、子どもたちの心豊かな成長を支援しています。

第6回TOMODACHI・MUFG国際交流プログラムを実施しました。

2017年6月24日から7月9日にかけて南カリフォルニアの中・高校生20名が日本に約2週間滞在し、東日本大震災の被災地の学校訪問やホームステイを通じた地元高校生との交流や、日本の震災復興・防災対策などの学習をはじめ、MUFG各社を含む日本の先端技術を有する企業・団体への訪問、ボランティア活動や茶道・座禅など日本文化の体験を行ないました。MUFGで行われた歓迎会では、米国の生徒から、「ありがたいという気持ちを表す最高の感謝とは、謝意を口に出すのではなく、そのことを胸に生きることだと、私たちは忘れてはならない。」と、ケネディ元米国大統領の言葉を引用した挨拶がありました。
また、津波で被災した海岸林を再生するボランティア活動を行った学生からは、「津波被災地を元の森に戻そうという素晴らしい事業。除草は蒸し暑くて非常に過酷だが、みんなで参加できるのは良いことだ」などの感想がありました。

復興庁で震災復興の状況の講義を受講

復興庁で震災復興の状況の講義を受講

宮城県名取市での復興支援ボランティアに参加

宮城県名取市での復興支援ボランティアに参加

京都大学iPS細胞研究所で講義を受講

京都大学iPS細胞研究所で講義を受講

京都での座禅体験

京都での座禅体験

本プログラムの運営のため、MUFGのグループ6社がTOMODACHIイニシアチブに寄付を行っています。

株式会社三菱東京UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行株式会社 三菱UFJ証券ホールディングス株式会社
三菱UFJニコス株式会社 三菱UFJリース株式会社 MUFGユニオンバンク

被災地でのコンサート開催を支援ニコス

三菱UFJニコスは、被災された方々にひとときの心の安らぎを感じていただくため、日本フィルハーモニー交響楽団のコンサート開催を支援しています。2017年3月までに公民館、仮設住宅集会所、学校等100会場で開催し、多くの方に生の音楽に触れていただきました。また、楽器体験や指揮者体験、演奏指導といった趣向を凝らした活動も行い、音楽の楽しさを感じていただいています。

福島県南相馬市でのコンサート指導者体験の様子

福島県南相馬市でのコンサート指揮者体験の様子

岩手県山田町の小学校体育館でのコンサート

岩手県山田町の小学校体育館でのコンサート

MUFG従業員によるボランティア活動

三菱UFJニコスが主催し、MUFG従業員が被災された地に赴き支援する活動「東北エールボランティア」を行っています。農家の方々の畑作業(収穫や除草)のお手伝いや、津波で稲作が困難になった農地で塩害に強いコットン(綿)の栽培を行う法人への支援など、被災された方々のニーズに寄り添いながら交流を深めています。

宮城県南三陸町での葱の収穫補助作業風景

宮城県名取市でのコットンの収穫作業風景

(2017年10月現在)

MUFGのCSRに関するご意見・ご感想をお聞かせください。
top