金融経済を学ぼう 金融経済教育支援WEB

  閉じる

平成20年4月17日

第8回「キッズ・マーケット・キャンプ」2008春で
「借りる」の授業を実施しました


 3月26日~28日の3日間、小学校5、6年生、中学校1年生を対象にした金融教育プログラム「キッズ・マーケットキャンプ2008春」(主催:メリルリンチ日本証券・金融知力普及協会ほか)が東京・日本橋にある早稲田大学日本橋キャンパスで行われました

コンテンツ活用し「借りる」の授業を実施

 このキャンプの1日目に、「金融経済を学ぼう」のWebコンテンツを活用した授業が行われました。 
「お金を借りる」のテーマの45分間の授業。この授業の講師を務めた、三菱東京UFJ銀行・企画部CSR推進室長の斉藤隆司が「金融経済を学ぼう」の「借りる」のコンテンツを活用し、授業を行いました。

 この日参加した30人の子どもたちは真剣な表情で授業に参加。「お金で買えるもので一番高いものは何だろう?」という講師の問いかけに「家」、「車」など思い思いの答えを回答。さらに「どうやったら買えるかな?」という問いかけには、すぐに「ローンで買う」と即答する小学生も。

お金を借りるための「信用の大切さ」も学習

 コンテンツ中にある、銀行でお金を借りて家を購入し、35年かけてローンを返済するモデル家族を紹介するマンガ「家を手に入れるには」も見て、具体的に「人生の中でお金を借りて家を購入し、利子を付けて返すイメージ」を子どもたちは学んでいきました。

 授業の後半では、お金を借りる、ローンを組むために必要な「信用」についても学習。「信用はお金と同じくらい、また時にはお金よりも大切なものなんだよ」という講師の言葉に、子どもたちはしっかりとうなずいていました。

社会科「提案授業」の様子 30人の子どもたちがイベントに参加

配布ブースの様子 マンガを活用して、授業を展開

谷川彰英・筑波大学副学長 授業実施の様子(三菱東京UFJ銀行 企画部CSR推進室長 斉藤 隆司)

↑このページトップへ

 
三菱UFJフィナンシャル・グループ
金融経済を学ぼう 金融経済教育支援WEB