MUFG人事プリンシプル

MUFG 人事プリンシプルは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下MUFG)が、MUFG経営ビジョンに相応しい人材マネジメントを実現するための基本的な考え方である。

従業員と共有する価値観(Values)

MUFGは、共有すべき価値観(「信頼・信用」、「プロフェッショナリズムとチームワーク」、「成長と挑戦」)を実現するための人事運営方針を立案、施行する。

  • 「信頼・信用」

    社会的責任の重さを一人ひとりが十分認識し、常に公明正大かつ誠実な姿勢で臨み、長期的な視点でお客さまと社会の健全な成長に繋がる行動をとる。

  • 「プロフェッショナリズムとチームワーク」

    プロとしての自覚と責任を持ち、多様な社員が互いに尊重・切磋琢磨しながら、地域・業態を越えたチームワークで、お客さまの期待を超えるために常にグループとしてベストを尽くす。

  • 「成長と挑戦」

    世界的な視野で時代の先を見据え、変化を自らの成長の機会ととらえ、現場重視でスピードと柔軟性を持つ活力溢れる職場作りに全員で取り組み、新たな領域へ挑戦する。

人事の役割・使命(Mission)

MUFGは、人事運営を通じて以下のことを実現する。

  • プロフェッショナリズムと高い倫理観をもった人材が活躍できる、成長と挑戦する機会にあふれる企業文化の醸成

  • 従業員一人ひとりが働き甲斐を感じ、自身の持てる力を最大限発揮できる適材適所の人事

  • 日本と世界の長期的な発展を支えることができる人材の育成

中長期的な人事運営の方向性(Vision)

MUFG経営ビジョンを実現する、業界トップクラスの人材マネジメントを目指す。

各種人事に関する機能や制度の基本理念(Philosophy)

MUFGは、以下の基本理念に基づいて、必要な人事制度を設計し、運営する。

(採用)
MUFGで働きたいと思われるよう内外に対して企業ブランド醸成を図りながら、MUFGの一員として我々の共有すべき価値観を体現できる多様な人材を、グローバルに採用する。
(評価)
短期的な業績成果のみならず、お客さま本位の姿勢や新しい試みに対する挑戦の姿勢等を踏まえた、総合的かつ公正・公平な評価を実施する。また人材育成の観点から、各人に対する評価と課題のフィードバックを徹底する。
(報酬)
従業員の成果や頑張り、並びに会社の持続的な成長への貢献等を総合的に勘案した上で、公正に報いていく。報酬水準は、経営環境や、経済・社会情勢、市場水準等を踏まえ決定する。
(登用)
従業員が持てる力を最大限発揮できるように、各人のキャリアに対する希望や能力・適性に応じた、MUFGの成長に寄与するリーダーの育成にも繋がる、適材適所を実現する。
(育成)
従業員一人ひとりが知識や専門性のみならず、見識や倫理観を高められる教育機会を提供し、MUFG経営ビジョンを実現できる人材を育成する。

(2016年4月現在)

MUFGのCSRに関するご意見・ご感想をお聞かせください。
top