より高い価値創造に向けた人材戦略

世界各地で多様なスキル・経験を持つ約15万人の社員が、モチベーションを持続しつつより高い価値を創造できるよう、働きがいのある環境をつくり、お客さまと社会の課題を解決していきます。

基本方針

MUFGでは、経営ビジョンに相応しい人事マネジメントを実現するための基本方針として「MUFG HumanResources Principles」を定めています。

従業員と共有する価値観
(Values)

共有すべき価値観「信頼・信用」「プロフェッショナリズムとチームワーク」「成長と挑戦」を実現するための人事運営方針を立案・施行します。

人事の役割・使命
(Mission)

人事運営を通じて、成長・挑戦機会にあふれる企業文化の醸成、社員一人ひとりが力を発揮できる適材適所の人事、日本と世界の長期的発展を支える人材育成、の実現を図ります。

中長期的な人事運営の方向性
(Vision)

経営ビジョンを実現する、業界トップクラスの人材マネジメントをめざします。

各種人事に関する機能や制度の基本理念
(Philosophy)

以下の基本理念に基づき、必要な人事制度を設計し、運営します。

  • ・共有すべき価値観を体現できる多様な人材をグローバルに採用
  • ・お客さま本位の姿勢や成長を踏まえ、総合的かつ公正・公平に評価
  • ・成果や持続的成長への貢献に報い、報酬は経営/外部環境を踏まえ決定
  • ・社員が知識・専門性のみならず見識や倫理観も高められる機会を提供

人材育成

MUFGでは、日本と世界の長期的な発展を支えることができる人材の育成に取り組んでいます。

社員一人ひとりの成長曲線を上方にシフトし、より高い価値創造ができるよう、多様なキャリアパスを設定するとともに、職務や資格に応じた研修を幅広く実施しています。加えて、社員の高い成長意欲に応えるため、さまざまな自己啓発プログラムを用意しています。

特に重要となるキャリアパスにおいては、金融のプロフェッショナルとしてのスキル・専門性を高めるものや、経営人材の育成を目的に専門領域を超えてマネジメントを経験させるなど、より多様な人材育成に努めています。また銀行・証券間で実施される「CFAジョブローテーション」など、業態・業種を越えた経験を積む機会も提供しています。

2015年3月に、グループの人材育成の中核拠点として、研修施設「MUFGグローバルラーニングセンター」を新設しました。これはMUFGとして人材育成への強いコミットメントを示すもので、経営層から新入社員までがこの場に集い、伝承と創造が日々生み出されています。

今後も、「信頼と信用」「プロフェッショナリズムとチームワーク」「成長と挑戦」の価値観を共有・継承しつつ、新しい時代を力強く創造できる人材をより多く育成できるよう、キャリアパス・各種研修・自己啓発が有機的に結びつく人材育成体系を築いていきます。

グローバルな人材戦略

MUFGでは、世界50以上の国と地域に1,200を超える海外拠点を有しており、2017年3月末時点で全社員のうち約4割が海外で勤務しています。今後もますますグループ・グローバルベースでの人事運用を実現していくため、体制の構築に力を入れています。

グローバルなマネジメント人材の育成

MUFGの事業戦略を実行するには、グローバルな経営ノウハウと高い専門性を有する人材を育成・登用していく必要があります。そのためグローバルベースで重要なトップマネジメントポスト(200以上)に関し協議する、「MUFG Talent Council」を設け、後継者計画や、事業戦略を実行する上で必要となる人的リソースの十分性などについて、協議しています。

グローバルな研修制度の拡充

MUFGはグローバルな金融プロフェッショナル育成のため、海外従業員向けに階層別の研修を行っています。その中でも「Global Leaders Forum
(“GLF”)」は、グループ各社の部長クラスを対象としたプログラムで、スイスの国際経営開発研究所(International Institutefor Management Development、略称:IMD)と共同開催し、MUFGの経営ビジョンと戦略の推進、リーダーシップ・異文化コミュニケーションスキルの強化を図っています。

グローバルでの採用力強化

国内外でますます高度化する顧客ニーズに対応するため、海外の人材マーケットにおけるMUFGの訴求力をより一層高める必要があります。その一環として、Social Networking Service(“SNS”)である「LinkedIn」(世界最大のプロフェッショナルネットワーク)の利用を正式に開始しました。LinkedInを通じた情報発信により、企業・職場イメージの確立と向上、人材マーケットへのアクセスを強化していきます。

グローバルな人材配置

グローバルベースでの人材の適材適所、および人材交流とグループの一体感醸成を実現するため、海外社員向けのグローバルベースでの社内公募制度「Global Job Posting Framework」等を活用しています。海外採用の従業員に対して、採用企業や採用地での勤務にとどまらず、日本を含む採用地以外での勤務機会を増やしています。

グローバルな人材配置写真01
グローバルな人材配置写真02

ダイバーシティの推進

ダイバーシティの推進図表

ダイバーシティを育む風土づくり

MUFGでは、行動規範、コンプライアンスマニュアルなどを定めて、人種、国籍、信条、宗教、性別、性的指向、性自認などによる差別や人権侵害を行わないことを明確にした上で、多様な価値観やバックグラウンド、就業意識を持つ多様な従業員が互いに尊重・切磋琢磨し、一人ひとりが成長・活躍できる組織・風土づくりを行うことが、中長期的にめざす姿である「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」の礎になると考えています。

グループ一体となってダイバーシティを受け入れる風土を醸成するため、毎年1 回「ダイバーシティレポート」を発行し、トップメッセージを掲載するとともに、グループ各社における取り組みや先進事例を紹介しています。また、グローバルベースでのダイバーシティ風土醸成を目的に、2010年より各地域のダイバーシティ推進担当者が定期的に「Global Inclusion & Diversity Forum」を開催し、好事例等の情報共有や今後の協働について議論しています。

女性活躍推進

ダイバーシティにおける喫緊の重要課題として、女性の活躍推進が挙げられます。MUFGでは、日本国内の女性の役付者比率を2018年3月末までに20%とする数値目標*を掲げるとともに、各社ごとにも数値目標を設定して女性の登用を積極的に推進しています。2017年4月時点でのMUFGの女性役付者比率は19.2%まで向上しました。

女性役付者比率グラフ
各社の女性登用目標と進捗図表
  1. *1 三菱東京UFJ銀行は2018年3月末、三菱UFJ信託銀行は2019年3月末、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は2021年3月末を目処
  2. *2 2017年5月には執行役員が1名誕生(北川千晶リテール拠点部長)

さらに、女性従業員がより一層能力を高めてキャリアを追求できるよう、MUFG各社では役員との懇親の場や女性従業員同士のネットワークを構築する場の提供、女性向けのキャリア研修やメンター制度、コース転換制度や再雇用制度など、さまざまなキャリアサポートを実施しています。

また、管理職向けには、マネジメント研修や啓発研修を通じて子育て中の女性従業員を含めた多様な人材をマネジメントするノウハウの強化や、従業員のキャリア形成を支援する意識の醸成を図っています。

女性活躍推進写真

障がい者雇用

MUFG各社では、特例子会社を活用しながら障がい者雇用を積極的に推進しています。各人の能力や適性に応じて配属するなど、きめ細かな対応により、障がいのある社員がさまざまな部署で活躍しています。

各社の障がい者雇用率

働き方改革の推進

ワークライフバランス

MUFGでは、「従業員満足度の向上は仕事に反映され、お客さま評価の向上に繋がる」「仕事の充実は社会や家庭に反映され、地域や社会への貢献に繋がる」という考えのもと、ワークライフバランスを推進し、より働きがいのある職場づくりをめざしています。

育児との両立支援

MUFG各社は、産前産後休業や育児休業取得者に対する休職前や復職前後の研修・面談などの復職サポートプログラムのほか、託児補助・ベビーシッター利用補助、短時間勤務などの制度を充実させることで「仕事と育児の両立」を支援しています。また、保育園探しの活動をサポートするため、2017年2月に「保活コンシェルジュサービス」を導入、4月には企業内保育園をオープンしました。

育児との両立支援写真

〜男性育児参画推進〜
日本では育児休業を取る男性が少ないなか、MUFG各社では、男性従業員の子育て参加を促進するため、有給の短期育児休業を認めています。男性育児参加のポイントやメリットを紹介する冊子を配布するなど、男性の育児参加を積極的に推進してきた結果、短期育児休業の取得者数は、2015年度256名*から2016年度613名*へと大幅に増加しました。

  • * 三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の合計

介護との両立支援

少子高齢化が急速に進む日本において、「仕事と家族の介護の両立」は従業員の誰もが直面しうる問題です。
MUFGでは、従業員が家族の介護に円滑に対応できるよう、問題に直面する前から備えておくことの重要性や介護そのものについての理解を深めるためのセミナーを開催しています。

働き方改革

MUFG各社では「働き方改革」を推進しています。具体的には、タウンホールミーティングやワーキンググループなどで寄せられた従業員からの意見をもとに、これまでなかなか見直すことができなかった既存の手続きや慣習など、働き方の構造的な部分の改革に取り組んでいます。これに加えて朝型勤務・フレックスタイム・時差勤務・在宅勤務など、柔軟な働き方の実現を通じ、生産性の向上を図りながら、長時間労働の抑制に向けた取り組みを実施しています。

また、「部下一人ひとりを育て、働きがいを高め、そのために必要なプライベートの事情も尊重し、生産性の高い職場を実現できる上司(イクボス)」を増やす取り組みを進め、多様な従業員が活躍する、風通しの良い職場環境づくりに繋げています。三菱東京UFJ 銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、積極的に自社の管理職の意識改革を行い新しい時代の理想の上司(イクボス)を育てていこうとする企業のネットワークである「イクボス企業同盟」(NPO法人ファザーリング・ジャパン主催)にも加盟しています。

働き方改革写真