ESG課題への取り組み

MUFGは、金融機関の使命として、長期的な視点で、お客さまや社会と末永い関係を築き、共に持続的な成長を実現することを掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。

経営レベルでのESG課題の共有と議論

気候変動リスクの高まりなどによる国際社会の意識の変化や、それに伴う企業の事業活動を通じた環境・社会への配慮の重要性拡大、さらにはスチュワードシップ活動の浸透による機関投資家の視点の変化を受け、ESGを踏まえた企業経営は事業存続・持続的成長の前提となってきています。
2017年6月には取締役会メンバーでESG経営の重要性を再認識するとともに、MUFGのあり方や方向性について議論を行いました。
一つ目はESGにおける「機会」の側面です。MUFGでは、持続可能な企業価値向上に向けて、SDGsなども念頭に、本業を通じて社会課題の解決に取り組むという方向性を確認しました。
二つ目はESG、特に環境・社会面における「リスク管理」です。世の中の潮流、国際基準等を踏まえ、環境・社会影響配慮の枠組み、気候変動への対応をさらに高度化していくこととしました。
三つ目は「情報開示」です。MUFGのさまざまな取り組みをより分かりやすく情報発信するとともに、多様なステークホルダーとのエンゲージメントをさらに強化することの必要性を確認しました。
これらの全社的な取組方針に基づき、次期中期経営計画の策定プロセスにおいて議論を深め、さまざまなステークホルダーの期待に長期的な価値創造で応えていきます。

国際的なイニシアティブの支持

MUFGは、人権、労働、環境、腐敗防止に関する国際的規範を支持し実践するよう促す自主行動原則「国連グローバル・コンパクト」をはじめ、国際的なイニシアティブへの支持を表明し、推進しています。

国連グローバル・コンパクト 国連グローバル・コンパクト

国連グローバル・コンパクト

国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEPFI)

国連環境計画・金融イニシアティブ
(UNEPFI)

責任投資原則(PRI)

責任投資原則(PRI)

CDP

CDP

赤道原則 赤道原則

赤道原則

21世紀金融行動原則 21世紀金融行動原則

21世紀金融行動原則