法人

国内外のネットワークを活用し、企業のお客さまに貸出や決済、外国為替、資産運用などのサービスを行うほか、グループ各社の専門性を活かした事業戦略やソリューションの提案を通じて、お客さまの多様なニーズにお応えしています。

粗利益全体に占める割合グラフ
2016年度粗利益の構成グラフ

中長期的にめざす姿

お客さまの成長に貢献し、お客さまとともに未来を創出、そしてお客さまに選ばれる金融グループ

荒木三郎 荒木三郎

「国内事業基盤のさらなる強化」と「新たな法人ビジネスモデルの確立」を実現し、お客さまとともに持続的な成長をめざします。貸出や決済など法人ビジネスのベースとなる取引を強化するとともに、日本の経済環境や社会構造の変化を捉え、事業承継・継続支援を強化するほか、法人向けの投資運用ビジネスの確立、海外ビジネスの高度化などに挑戦します。

環境認識

法人ビジネスの収益基盤を支えていた貸出や預金業務は、足元の金利環境や競争環境の激化を理由に収益面で厳しい状況にあり、今後もこの状況はしばらく続く見通しです。また、国際金融規制強化の流れのなか、資本効率を意識した経営の重要性も増しています。こうした経営環境のもと、MUFGならではのグループ総合力を活かしたソリューションの提供により、金利競争に巻き込まれない一歩先に進んだ付加価値提案に努めています。貸出・預金・決済・外為といった伝統的な商業銀行業務に加え、グループ各社が有する専門知識や金融機能を結集し、不動産や投資運用、証券業務等の手数料ビジネスの強化を今後も進めていきます。さらに、戦略的なシステム投資等により、業務の効率化を図り、生産性の一層の向上にも取り組んでいきます。

2016年度の振り返り

2016年度の実績

2016年度の粗利益は、前年度比4.4%(485億円)減少の1兆416億円、営業純益は、前年度比8.8%(431億円)減少の4,432億円となりました。市場金利が低位で推移するなか、競争環境の厳しさも増しており、貸出、預金などの資金収益が前年度比減少しました。 一方、貸出残高は前年度比2%増加と堅調に伸びています。

粗利益/営業利益グラフ

大企業のお客さま向けビジネス

セクター(業界・業種)ごとにお客さまの事業環境や経営戦略が異なることを踏まえ、MUFGグループ各社が強みを有する業界知見と、総合金融機能を融合し、お客さまの経営課題解決に向けたソリューションをご提供する「セクター戦略」を展開しています。 また、国内・海外拠点の連携を一層強化し、グローバルに拡がるお客さまの多様化・高度化するニーズにお応えしています。その結果、M&A業務や債券の引受業務などで、業界トップクラスの実績を残しました。

国内法人貸出平均残高

中堅・中小企業のお客さま向けビジネス

資金調達ニーズや、事業・販路の拡大などの経営課題に対し、きめ細かな提案でお応えしています。その結果、事業の円滑な承継やお客さまの成長戦略に合った資本戦略の提案などをご評価いただき、貸出残高は着実に増加しました。また、国内外における大規模商談会や成長企業の育成に向けたビジネスサポート・プログラム「Rise Up Festa」を開催するなど、お客さまのビジネスの成長をサポートする取り組みも継続しています。

中堅・中小企業向け貸出平均残高

今後の成長が期待されるビジネスをサポート

「第4回 Rise Up Festa」表彰式

MUFGは、新規性・独創性を有する事業や既存の事業領域を超えて新たな事業に取り組んでいる成長企業に対し、中長期的なビジネスパートナーとしてサポートするプログラム
「Rise Up Festa」を開催しています。2016年は、三菱東京UFJ銀行が地域創生の包括連携協定を結んでいる京都府で最終審査会を実施しました。2015年に引き続き、「バイオ・ライフサイエンス」、「ロボット・先端技術」、「情報・ネットサービス」と「ソーシャルビジネス」の4分野に取り組む企業を対象とし、最優秀企業4社・優秀企業7社を決定しました。受賞企業には、事業支援金の支給や三菱UFJリサーチ&コンサルティングによるコンサルティングサービスの提供など成長実現に向けたサポートを行っています。