内部監査

内部監査の役割

MUFGでは業務の健全かつ適切な運営を確保するために、リスク管理体制やコンプライアンス体制を含む内部管理体制の適切性・有効性を内部監査部署が独立した立場から評価・検証しています。評価結果は経営陣に報告されるとともに、関連する部署に対しては必要に応じて問題点の是正・改善に向けた提言がなされます。

グループ内部監査態勢の概要

MUFGでは、持株会社が内部監査の方針、機能、組織上の位置付けなどの基本事項を定めた「MUFG内部監査規則」を制定しています。また、持株会社をはじめグループ各社に内部監査部署を設置し、これらとの連携・協働によって、グループ全体を検証範囲としてカバーするとともに、持株会社取締役会によるグループ全体の業務の監視・監督をサポートする体制としています。

持株会社監査部は、グループ全体の内部監査に関わる企画・立案を主導するほか、子会社などの内部監査の状況をモニタリングし、必要な指導、助言、管理を行っています。

主要な子会社の内部監査部署では、各社の本部、営業拠点に対する監査を実施するとともに、その子会社など(持株会社の孫会社など)の内部監査部署に対するモニタリングや指導、助言、または直接監査の実施などを通じ、内部管理体制の適切性・有効性を評価・検証しています。

有効かつ効率的な内部監査の実施

内部監査の実施にあたっては、限られた監査資源を有効かつ効率的に活用するため、内部監査の対象となる部署や業務に内在するリスクの種類や程度を評価し、それに応じて内部監査実施の頻度や深度などを決める「リスクベースの内部監査」に努めています。また、内部監査の有効性・効率性を高めるために、諸会議への出席、内部管理資料の収集、データベースへのアクセスなどのオフサイト・モニタリングを活用しています。

監査委員会への報告

MUFGでは、持株会社に監査委員会を設置しているほか、主要な子会社にも監査等委員会もしくは任意の監査委員会を設置しています。内部監査計画の基本方針や内部監査結果などの重要事項は、内部監査部署が監査委員会等に報告する仕組みとしています。

内部監査体制図

FOCUS 内部監査の質的向上に向けた取り組み

グローバルベースでの金融規制の導入や新たなリスクの出現などMUFGを取り巻く環境は刻々と変化していますが、内部監査部門でも常に態勢高度化に向けさまざまな取り組みを行っています。例えば、サイバーセキュリティ対策や金融規制動向などをテーマに、外部専門家を招いたグループ内部監査部門向けの研修を定期的に実施しているほか、CIA(公認内部監査人)やCISA(公認情報システム監査人)といった国際的な内部監査関連資格の取得を推進し、内部監査部門の専門性向上や知見の蓄積に役立てています。

top