ホームMUFGについて経営戦略 > 経営管理態勢

経営管理・基盤等戦略

経営管理・経営基盤等戦略では、事業モデルの進化・変革を支える財務基盤や経営管理態勢のさらなる強化に向け、以下の取り組みを進めていきます。

:すべてを閉じる

1.グループ経営管理・統合的リスク管理の態勢強化

グループ経営管理では、株主総会の承認を前提に、指名委員会等設置会社へ移行し、コーポレート・ガバナンス態勢のさらなる強化を図るとともに、グループ・グローバルでのガバナンス態勢の高度化を進めていきます。また、新たな規制やビジネスの進化に対応し、統括型・予防型を軸とした統合的リスク管理態勢のさらなる進化・高度化にも取り組んでいきます。

2.グループベースでの経営基盤強化・効率化

システム・事務・施設の分野では、グループベースの共同化を進め、さらなる効率化・高度化を図っていきます。

3.グループ財務・資本運営の高度化

グループ財務・資本運営では、充実した資本基盤の維持を前提としつつ、リスク・リターン向上のための枠組みの定着や国際的な金融規制の動向を踏まえた資金調達手法の多様化などの取り組みを進めていきます。

4.MUFGグローバルベースでのコーポレート・コミュニケーション推進

社外のステークホルダーやグループ内の役職員とのコミュニケーションでは、企業カルチャーとグループ一体感の醸成に向けたグループ内コミュニケーションと、CS(顧客満足)・CSR(企業の社会的責任)やブランド価値の向上をめざす対外コミュニケーションをグループ・グローバルベースで一体的かつ戦略的に推進し、コミュニケーション効果の最大化を図っていきます。

)基本方針

国内にしっかりと軸足を置きつつ、グローバルな成長を取り込むとともに、事業モデルの進化・変革に挑戦します。事業戦略を支える財務基盤や経営管理態勢をさらに強化します。

基本方針に基づき、「お客さま起点」、「グループ起点」、「生産性の向上」の3つの考え方を軸に、3年間のグループ事業戦略と経営管理・基盤等戦略を策定しました。

)グループ事業戦略

経営管理・基盤等戦略

top