ホーム更新情報一覧 > 第2回 TOMODACHI・MUFG 国際交流プログラム 募集開始について

更新情報

第2回 TOMODACHI・MUFG 国際交流プログラム 募集開始について

2013年2月14日

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、2012年4月18日付『 >TOMODACHI Initiativeへの参画について』で公表しました日米相互交流プログラムに関し、第2回TOMODACHI・MUFG国際交流プログラムとして、米国から日本に派遣する学生の募集を開始しましたので、以下のとおりお知らせします。

  • 募集概要

    主催 TOMODACHI Initiative(米国の非営利公益法人米日カウンシル)
    協力 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)
    実施団体 文部科学省所管 社団法人日本国際生活体験協会(EIL)
    米国での募集 Japan America Society of Southern California(JAS)
    旅行手配 株式会社JTBコーポレートセールス(JTB)
    募集対象者 米国カリフォルニア州Los Angeles、Orange、San Diego郡の15〜18歳の高校生
    募集方法・選考結果 JASのホームページから応募書類を取得して期限までに所定の方法で提出。選考結果の通知含め詳細はJASのホームページご参照ください。
    募集人数 高校生26名(4名程度の引率者が付く予定)
    募集締切 2013年3月31日(米国ロサンゼルス時間)
    問い合わせ 米国: Japan America Society of Southern California(JAS)
    345 S. Figueroa Street, Suite M-1, Los Angeles, CA, 90071
    TEL:1 (818) 523-2866
    Dwww.jas-socal.org
    日本: 文部科学省所管 社団法人日本国際生活体験協会(EIL)
    東京都千代田区平河町1-4-3 平河町伏見ビル3F
    TEL:03-3261-3451
    Dhttp://www.eiljapan.org/
  • プログラム概要

    目的 東日本大震災の復興支援に寄与するとともに、次世代社会の担い手である学生を主な対象として、日米相互理解やキャリア育成の機会を提供することを目的とします。
    実施期間 2013年6月29日(土)〜2013年7月14日(日)
    プログラム内容
    (予定)
    • ・被災地での学校訪問、ホームステイを通じた交流やその他文化的な体験
    • ・日本の防災対策や危機管理などの学習
    • ・日本の先端技術などを有する団体への訪問
    • ・ボランティア活動
    など

【ご参考】
本プログラムを実施するため、MUFGグループ6社がTOMODACHI Initiativeに寄付を行っています。

株式会社三菱東京UFJ銀行 三菱UFJニコス株式会社
三菱UFJ信託銀行株式会社 三菱UFJリース株式会社
三菱UFJ証券ホールディングス株式会社 ユニオンバンク
top