ホーム更新情報一覧 > 「第2回TOMODACHI・MUFG国際交流プログラム」の実施について

更新情報

「第2回TOMODACHI・MUFG国際交流プログラム」の実施について

2013年6月28日

MUFGは、2012年4月18日付ニュースリリース『 >TOMODACHI イニシアチブへの参画について』で公表しました日米相互交流プログラムに関し、第2回TOMODACHI・MUFG国際交流プログラムを実施します。

第2回プログラムでは、米国カリフォルニア州の高校生および高校教師等が、宮城県気仙沼市でボランティア活動や、第1回プログラムで米国西海岸を訪問した日本の被災地の高校生と交流するほか、日本の先進企業の訪問を行います。

また、第2回プログラムでは、TOMODACHI イニシアチブ協賛企業との連携も行いプログラムを実施します。全日本空輸株式会社では、今回の渡航にあわせロスアンゼルス〜成田間でTOMODACHIのロゴをラッピングした機体を使用するほか、成田空港での歓迎イベントを予定しており、東日本旅客鉄道株式会社では、高校生に対して防災対策や危機管理のセミナーを開催するなど、TOMODACHI イニシアチブ協賛企業が協働して高校生を迎えます。

今後とも、MUFGは、TOMODACHI イニシアチブおよび東日本大震災の復興支援に継続的に取り組んでいきます。

<プログラム概要>

主催 TOMODACHI イニシアチブ(米国の非営利公益法人米日カウンシル)
協力 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)
実施団体 文部科学省所管 社団法人日本国際生活体験協会(EIL)
参加者 米国カリフォルニア州の高校生26名及び高校教師等引率者4名
目的 東日本大震災の復興支援に寄与するとともに、次世代社会の担い手である学生を主な対象として、日米相互理解やキャリア育成の機会を提供することを目的とします。
費用 無償
実施期間 2013年6月29日(土)〜2013年7月14日(日)
プログラム内容
  • ・被災地の学校訪問、ホームステイを通じた高校生との交流
  • ・日本の防災対策や危機管理などの学習
  • ・日本の先端技術などを有する企業・団体への訪問
  • ・ボランティア活動やその他文化的な体験 など

【ご参考】
本プログラムを実施するため、MUFGグループ6社がTOMODACHI イニシアチブに寄付を行っています。

株式会社三菱東京UFJ銀行 三菱UFJニコス株式会社
三菱UFJ信託銀行株式会社 三菱UFJリース株式会社
三菱UFJ証券ホールディングス株式会社 ユニオンバンク
top