「サステナブルファイナンス目標」を設定「サステナブルファイナンス目標」を設定

「サステナブルファイナンス目標」を設定

MUFGは、金融機関の使命として、長期的な視点でお客さまや社会と末永い関係を築き、共に持続的な成長を実現することを経営ビジョンに掲げ、その実現に向けて地球環境の保全や多様な人権の保護などに取り組んでいます。
2019年5月には、お客さまへの金融サービスの提供を通じて、持続可能な社会の実現、SDGsの達成に貢献するため、2019 年度から2030 年度までに累計20 兆円(内、環境分野で8 兆円)の「サステナブルファイナンス目標」を設定しました。
また、併せて「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」の改定を行っています。

詳細は、ニュースリリース―「サステナブルファイナンス目標」の設定と「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」の改定についてをご覧ください。