新たなペイメントネットワーク事業の立ち上げに向けて

MUFGとAkamai Technologies, Inc. (以下、Akamai)(注1)が共同設立した「Global Open Network株式会社」は、2019年4月1日に国内の幅広い事業者にペイメントネットワーク(注2)を提供する事業会社として「Global Open Network Japan株式会社」(以下、GO-NET Japan)を設立しました。
GO-NET Japanは2020年上期の事業開始に向けて、準備を進めています。

現在、決済手段の多様化などによりキャッシュレス決済件数は増加傾向が続いています。今後IoT時代が到来すると決済件数がさらに増加し、現状のネットワークの処理能力が限界に達することが予想されます。
GO-NET Japanが提供するペイメントネットワークは、Akamaiと共同で開発した新型ブロックチェーン技術を採用しており、高水準のセキュリティ対策に加え、既存の技術では対応が難しい取引の大容量化を実現しました。GO-NET Japanのネットワークは毎秒100万件超の処理能力が展望でき、IoT時代に見込まれる大量かつ少額の決済にも十分に対応できると考えています。

GO-NET Japanは2020年上期以降、クレジットカード・電子マネー・デジタル通貨・ポイント・プリペイドカードなどを対象に、サービスを提供していく予定です。
今後も、IoT事業者向けの多様な決済シーンでの活用など、サービスのさらなる拡充を検討していきます。

  1. インターネット上でデジタルコンテンツの高速・大量配信を担う世界的リーディングカンパニー(NASDAQ上場)
  2. クレジットカード会社などの事業者と店舗やECサイトを結ぶ決済ネットワークのこと