[ ここから本文です ]

グローバル・アドバイザリーボード

経営会議の諮問機関として、グローバル・アドバイザリーボードを設置し、定期的に開催しています。
グローバル・アドバイザリーボードは、日本・欧州・米州・アジアの各地域の企業経営や金融規制・政府関係における社外有識者を委員とし、MUFGグループの経営全般、グローバル企業としてのガバナンス・事業戦略等について、独立した立場から提言・助言をいただいています。

グローバル・アドバイザリーボードの委員構成

2019年7月1日現在
Dr. Victor K Fung
(ビクター・K・ファン)
香港 馮氏集団(ファン・グループ)グループ会長、アジア・グローバル・インスティトゥート アドバイザリーボード会長、元国際商業会議所名誉会長
Professor Merit E. Janow
(メリト・E・ジャノー)
米国コロンビア大学国際公共政策大学院長、元WTO(世界貿易機関)上級委員会 委員
Ambassador John V. Roos
(ジョン・V・ルース)
元駐日米国大使
Lord (James) Sassoon, Kt
((ジェームス・)サスーン卿) 
ジャーディン・マセソン・ホールディングス取締役、元英国財務省商務大臣 
Mr. George Yeo
(ジョージ・ヤオ) 
元シンガポール外務大臣 
岩本 敏男  株式会社エヌ・ティ・ティ・データ相談役 
三村 明夫  日本製鉄株式会社名誉会長 
(敬称略)