[ ここから本文です ]

沿革 沿革

沿革

2018年

新中期経営計画を公表

再創造イニシアティブの実現に向けた具体的な戦略として「11の構造改革の柱」を設定。

銀行、信託銀行の法人貸出等業務を統合
銀行、信託銀行の法人貸出等業務を統合
三菱UFJ銀行(英名はMUFG Bank)へ社名変更
インドネシアのバンクダナモンへの戦略出資
インドネシアのバンクダナモンへの戦略出資
2017年
MUFG再創造イニシアティブを公表

MUFGフィデューシャリー・デューティー基本方針策定

お客さま本位の取り組みの徹底を図るため、グループ共通の指針を策定。

2016年
フィリピンのセキュリティバンクと資本・業務提携
フィリピンのセキュリティバンクと資本・業務提携
2015年

指名委員会等設置会社へ移行

より透明で実効性の高いガバナンス態勢構築に向け、監査役会設置会社から指名委員会等設置会社へ移行。

MUFGコーポレートガバナンス方針制定
2014年
米国ユニオンバンクの事業と三菱UFJ銀行米州事業を統合
米国ユニオンバンクの事業と三菱UFJ銀行米州事業を統合
2013年
ベトナムの国有銀行ヴィエティンバンクと資本・業務提携
ベトナムの国有銀行ヴィエティンバンクと資本・業務提携
タイの大手商業銀行クルンシィ(アユタヤ銀行)を子会社化

タイの大手商業銀行クルンシィ(アユタヤ銀行)を子会社化

成長戦略の要であるASEAN地域での本格的な総合金融サービスを開始。

2012年

経営ビジョンを刷新

長い歴史の中で築き上げられてきたお客さまからの信頼・信用、働く一人ひとりの想いを受け継ぎ、経営ビジョンを刷新。

2010年
三菱UFJモルガン・スタンレー証券、モルガン・スタンレーMUFG証券誕生
2008年
アコムを子会社化
ユニオンバンカル・コーポレーションを完全子会社化
モルガン・スタンレーとの戦略的資本提携

モルガン・スタンレーとの戦略的資本提携

世界金融危機のさなか、米国モルガン・スタンレーへ90億米ドル(約9,000億円の出資を決定。投資銀行業務強化へ布石。

2007年
三菱UFJニコス、三菱UFJリース誕生
2006年

三菱東京UFJ銀行(現 三菱UFJ銀行)誕生

公的資金を完済。

2005年
三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券誕生

MUFG誕生

2004年8月に経営統合に関する基本合意を締結。2005年10月、三菱東京フィナンシャル・グループと、UFJホールディングスが合併し、MUFGが誕生。