[ ここから本文です ]

リスク管理

基本方針

2008年の世界金融危機以降、より高度で広範なリスク管理が金融機関に求められるなか、銀行・信託銀行・証券をはじめとした多くの子会社を有し、グローバルに事業展開するMUFGにとっても、リスク管理の果たす役割は従来にも増して重要となってきています。
こうした環境下、MUFGでは、リスクカルチャーに立脚したグループ経営管理・統合的リスク管理の態勢強化を基本方針とし、地域・子会社と持株会社との一体運営強化によるリスク・ガバナンス態勢の実効性向上を進めています。
さらに、事業戦略・財務計画を強力に支えるリスク管理を実践するため、「想定外の損失の回避」や「リスクリターンの向上」をめざして「リスク・アペタイト・フレームワーク」を導入、運営しております。
リスク管理の全体像

リスク・アペタイト・フレームワーク

「リスク・アペタイト・フレームワーク」とは、MUFG の事業戦略・財務計画を達成するための「リスク・アペタイト」(進んで引き受けようとするリスクの種類と量)を明確化し、経営管理やリスク管理を行う枠組みです。
「リスク・アペタイト・フレームワーク」の導入によって、経営計画の透明性が向上し、より多くの収益機会を追求できると同時に、リスクをコントロールした経営が可能となります。
リスク・アペタイト・フレームワークの概要

リスク・アペタイト・フレームワークの運営プロセス

MUFGでは、事業戦略・財務計画を策定・実施する にあたり、必要なリスク・アペタイトを適正に設定するとともに、リスク量のモニタリング・分析を行っています。リスク・アペタイトの設定・管理プロセスは、以下のとおりです。
リスク・アペタイト・フレームワーク運営の実効性確保のために、経営計画策定プロセスの各段階で、割当資本制度、ストレステスト、トップリスク管理などのリスク評価・検証手法を活用します。
さらに、計画策定後も、設定されたリスク・アペタイトのモニタリングを通じ、有事に迅速なアクションを取ることが可能な態勢を整えております。
リスク・アペタイトの設定・管理プロセス

統合的リスク管理の手法

MUFGでは、業務遂行から生じるさまざまなリスクを可能な限り統一的な尺度で総合的に把握・認識し、経営の安全性を確保しつつ、株主価値の極大化を追求するために、統合的リスク管理・運営を行っています。統合的リスク管理とは、リスクに見合った収益の安定的計上、資源の適正配分などを実現するための能動的なリスク管理を推進することです。
統合的リスク管理の主要な手法として、(1)割当資本制度、(2) ストレステスト、(3)トップリスク管理を採用しています。

割当資本制度

割当資本とは、各種リスクから生じうる潜在損失額を資本に換算し、業務戦略・収益計画を踏まえて、リスク種類別、子会社別などに設定する資本の額です。
MUFGでは、資本のモニタリングおよびコントロールを通じた健全性の確保、業務戦略・収益計画を踏まえたリスクに対する自己資本充実度の評価および資本政策への反映など、適切な資本配賦の実現のために、割当資本制度を運用しています。

ストレステスト

・自己資本充実度評価用ストレステスト

経営計画策定時に、自己資本比率規制(バーゼルⅢ) に基づく規制資本、および内部のリスク計測手法に基づく経済資本の2通りの観点から、自己資本充実度評価を目的としたストレステストを行っています。
ストレステストにあたっては、内外の環境を分析し、期間が3年程度の予防的なシナリオを策定します。

・資金流動性ストレステスト

事業戦略および財務計画を踏まえた将来のバランスシートに対して、MUFG固有のストレスおよび市場全体のストレスが発生した場合でも、短期間の資金流出、かつ中長期的なバランスシートの構造変化に対してあらゆる対策を講じることで資金不足に陥らないことを検証します。

トップリスク管理

各種のリスクシナリオが顕在化した結果MUFGにもたらされる損失の内容をリスク事象と定め、その影響度と蓋然性に基づき、重要度を判定します。その上で、今後約1年間で最も注意すべきリスク事象をトッ プリスクとして特定し、トップリスクを網羅的に把握したリスクマップを作成することによって、フォワードルッキングなリスク管理に活用しています。
MUFGおよび主要子会社においては、経営層を交えて トップリスクに関し議論することで、リスク認識を共有した上で実効的対策を講じています(主要なトップリスクは下記参照)。

主要なトップリスク

リスク事象*1 リスクシナリオ(例)
収益力低下
(含む資金収益力低下)
  • マイナス金利による資金収益力の低下。
  • 規制によるバランスシートサイズの制約を通じた、全般的な収益力の低下。
外貨流動性リスク
  • 市況悪化による外貨流動性の枯渇またはコストの大幅な増加。
与信費用増加
  • 米欧中銀の金融緩和の出口戦略や北朝鮮・中東等の情勢等を背景にグローバルベースで実体経済が鈍化、与信集中リスクが潜在する業種や地域で与信費用が増加。
ITリスク
  • サイバー攻撃による顧客情報の流出および評判悪化等。
  • システム障害発生による補償費用および評判悪化等。
マネー・ローンダリング、
経済制裁対応に関するリスク
  • マネー・ローンダリングや経済制裁関連規制の違反による業務停止命令等の処分や課徴金等の支払および評判悪化等。
*1 リスク事象:2018年3月の当社リスク委員会での審議を経て、取締役会に報告されたものの一例です。一般的に起こりうる事象で、当社固有でない情報も含まれます。

リスク管理の実効性向上に向けて

優れたリスク管理とリスク・アペタイト・フレームワークの実現には、リスクカルチャーに立脚した、質の高い議論と充実したコミュニケーションを組織として継続することが重要です。

リスクカルチャーの醸成・浸透

MUFGでは、「リスクの取り方および管理に関するMUFGの組織・個人の判断・行動を規定する基本的な 考え方」をリスクカルチャーと定義し、行動規範との一貫性を確保しながら、MUFGのリスクカルチャーを規定しています。社内に醸成・浸透させるため、経営者からの定期的なメッセージ配信、グローバルな会議体設置・運営によるリスクカルチャーの共有などに取り組んでいます。
MUFGのリスクカルチャー

リスク・アペタイト・ステートメントの制定

MUFG全体の統合的な戦略やリスク運営の実効性を確保することを目的に、リスク・アペタイト・フレームワークを明示する文書として、リスク・アペタイト・ステートメントを制定しています。リスク・アペタイト・ステートメントには、リスクカルチャーを含むリスク・アペタイト・フレームワークの全体像(基本方針・運営プロセス)と、具体的な事業戦略、財務計画、リスク・アペタイトを記載しています。
また、リスク・アペタイト・ステートメントの要約版をグループ内に配布・周知し、グループ全体への浸透を図っていきます。
リスクカルチャー、リスク・アペタイト・フレームワークの浸透を通じ、不透明な環境が続くなか、内外の環境変化を先取りした対応を取っていきます。