ホーム企業の社会的責任 > 方針/ガイドライン

方針/ガイドライン

方針/ガイドライン

環境(Environment)

MUFG環境方針閉じる開く
1. 環境に対する考え方

三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は、地球環境の保全・保護および気候変動への対応を始めとする地球環境に係る課題への対応が人類共通の責務であることを認識しています。
かかる認識のもと、MUFG は、良き企業市民として、事業活動を通じて地球環境に係る課題の解決に積極的に取組むとともに、法令や国際協定等の遵守はもとより、事業活動が環境に与えるリスクまたは負の影響についても真摯に対応し、影響低減に取り組むことで、地球環境の保全・保護による持続可能な社会の実現を目指します。

2. MUFG 環境方針の位置付け

MUFG は、金融機関の使命として、長期的な視点で、お客さまや社会と末永い関係を築き、共に持続的な成長を実現することを「経営ビジョン」として掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。
MUFG は、環境への取り組みを経営上の重要な課題と認識し、経営ビジョンおよび経営ビジョンのもとに定めている「行動規範」を踏まえ、環境への取り組み方針を「MUFG 環境方針」に定めるものです。

3. 事業活動を通じた環境への取り組み

(1) 事業活動を通じた取り組み
MUFG は、環境課題の解決や環境に対するリスクに配慮した取り組みを進めるお客さまを、グループ各社の商品・サービスの提供を通じて支援するとともに、商品・サービスが環境に及ぼす影響にも十分に配慮し、環境に負の影響を及ぼす可能性が有る場合は、適切に対応します。
加えて、気候変動を始めとする環境に対するリスク管理高度化の対応を進めます。
これらの取り組みにより、持続可能な社会の実現を後押しするとともに、持続的な事業成長と企業価値の向上を目指します。
MUFG は、お客さまとの取引に関し、環境・社会に対するリスクを管理するための枠組みとして、「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」を制定しています。

■気候変動

MUFG は、気候変動問題は、地球環境に係る重大な課題であり、人間社会が今後も持続的な成長を実現し、更にはお客さまやグループ各社が今後も事業を継続していくためにも適切な対応が必要であると考えています。あわせて、グローバルな金融機関として、低炭素社会への移行をはじめとする気候変動への世界的な取り組みに関し、大きな役割を果たし得る立場にいることも認識しています。
このような認識を踏まえ、MUFG は、低炭素社会への移行を促進し、気候変動に対するリスクを低減するために、グループ各社の業務およびお客さまへの商品・サービスの提供において、以下の取り組みを進めます。

  • 太陽光・風力等の再生可能エネルギー事業や環境に対するリスクに配慮した企業の資金調達の支援等を通じて、温室効果ガス排出量削減の取り組みを推進します。
  • グループ各社の商品・サービスが気候変動に影響を及ぼす可能性に考慮し、その影響にも十分配慮したえうえで、適切に対応します。
  • 気候変動に対するリスクを管理するために、気候変動が事業に及ぼす将来的な影響についての調査・研究を進めます。

また、気候変動への取り組みにおいて、MUFG は、以下の国際的な協定やイニシアティブを支持します。

  • パリ協定/Paris Agreement
  • 気候関連財務情報開示タスクフォースによる提言/TCFD
  • 責任投資原則/PRI
  • 赤道原則/Equator Principles
  • 国連環境計画・金融イニシアティブ/UNEP FI
  • 21 世紀金融行動原則
  • CDP(旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)

■生物多様性

私たちの社会は、豊かな生物多様性の恵みの上に成り立っており、その維持・保全は、持続可能な社会を実現するための基盤となるものです。
MUFG は、商品・サービスの提供を通じて、生物多様性を保全する事業を支援するとともに、グループ各社の商品・サービスが生物多様性へ負の影響を及ぼすことが無いように適切に対応します。

(2) 自社の環境負荷軽減等の取り組み
グループ各社は、以下の取り組みを進めることで、自社の環境負荷の低減や環境改善と汚染の予防等に努めます。

  • オフィスにおける環境負荷の低減
    事業活動における資源の消費や、廃棄物の排出による環境への負荷を認識し、資源循環の取り組みや、エネルギーと資源の有効活用を通じ、環境保全に努めます。
  • 環境改善と汚染の予防
    環境に対する効果の継続的な検証を心がけ、環境改善と汚染の予防に取り組みます。
  • グループ内啓発と全員参加
    グループ各社の社内に通知し、環境に対する社内の啓発を心がけるとともに、役職員が業務・業務外を問わず、活動しやすい枠組みを用意し、役職員一人ひとりの環境保全活動を推進します。
4. ガバナンス・管理体制

MUFG 環境方針は、環境・社会課題への対応を審議するCSR 委員会において審議され、経営会議で決定されました。
またその内容は、CSR 委員会において、定期的に見直し要否を審議するほか、事業活動の変化やビジネス環境の変化に応じて随時見直します。

5. ステークホルダー・エンゲージメント

MUFG は、MUFG 環境方針を一般にも公開し、広く社外のステークホルダーとコミュニケーションを行うことにより、環境に係る課題への取り組みの向上・改善に努めるとともに、環境保全活動の啓発・推進に努めます。

MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク閉じる開く
1. はじめに

国際社会は、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の合意事項の達成を目指し、人類および全ての生物の生存基盤である地球環境の保全と、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいます。
三菱UFJ フィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は、グローバルに活動する総合金融グループの使命として、長期的な視点でお客さまや社会と末永い関係を築き、共に持続的な成長を実現することを経営ビジョンに掲げ、その実現に向けて地球環境の保全や多様な人権の保護などへの取り組みを進めます。
また、金融機能を通じた環境および社会の課題解決に積極的に取組み、持続的な事業成長と企業価値向上の実現を目指します。
MUFG は、グループ各社の事業活動により生じる環境・社会に対するリスクを真摯に対応すべき経営上の重要課題と認識し、様々なステークホルダーの意見や考え方を踏まえ、MUFG の環境への取組方針を定めた「MUFG 環境方針」、MUFG の人権への取組方針を定めた「MUFG 人権方針」のもと、「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」(以下、本フレームワーク)を制定しました。
以下では、環境・社会問題に適切に対応すると同時に、持続可能な環境および社会の発展に寄与していくためのMUFG の取り組みの方向性を提示します。こうした取り組みが、持続可能な環境および社会の実現を後押しし、より望ましい成果をもたらすと期待しています。
また、本フレームワークについては、グループ各社のお客さまにも内容をお伝えし、ご理解とご協力を働きかけます。

2. ガバナンス

MUFG は、経営活動を遂行するにあたっての指針として、経営ビジョンを定めています。また、経営ビジョンの実現のため、グループ各社の役職員の日々の行動に際しての具体的な判断や行動の基準として、行動規範を定めています。本フレームワークについても、経営ビジョンや行動規範を踏まえて制定しています。

  1. MUFG 環境・社会ポリシーフレームワークの位置付け
    本フレームワークは、MUFG 環境方針およびMUFG 人権方針に基づき、環境・社会課題に対応する取り組みの一環として制定するものであり、事業活動に伴う環境・社会に対するリスクを適切に把握・管理するために構築しています。また、MUFG の企業価値を毀損することが無いよう評判リスク管理の枠組みと整合するように構築しています。
  2. ガバナンス・管理体制
    MUFG では、経営会議の傘下にCSR 委員会を設置し、環境・社会課題への対応を審議しています。
    また、環境・社会に対するリスクまたは負の影響が大きく、MUFG の企業価値を毀損する可能性が高い個別案件については、評判リスク管理の観点から、必要に応じて、経営階層のマネジメントが参加する枠組みにおいて、対応を協議することとしています。
  3. 事業本部の役割
    事業本部は、お客さまにご提供する商品・サービスが、環境・社会配慮の観点から問題がないかについて、お客さまへのヒアリング等を踏まえ、環境・社会デューデリジェンスを実施します。環境・社会デューデリジェンスの実施においては、環境・社会に対するリスクを管理する部署等へ相談します。
  4. MUFG 環境・社会ポリシーフレームワークの管理
    本フレームワークは、CSR 委員会にて審議され、経営会議で決定されました。また、CSR 委員会にて、定期的に見直し要否を審議するほか、事業活動の変化やビジネス環境の変化等に応じて、随時見直します。
3. 適用対象となる商品・サービス

MUFG は、グループ各社がお客さまにご提供する商品・サービスのうち、お客さまの事業を支援する与信と債券・株式引受(以下、ファイナンス)を通じて、事業に内在する環境・社会影響を発生させ、または環境・社会に対するリスクを拡大させる可能性があると認識しています。
本フレームワークは、MUFG の主要子会社である三菱UFJ 銀行、三菱UFJ 信託銀行、および三菱UFJ 証券ホールディングス(以下、主要子会社)の法人のお客さま向けの、全ての国・地域における新規のファイナンスに適用します。主要子会社は本フレームワークをそれぞれの業務に固有な社内の手続きと基準に組み入れます。
また三菱UFJ 銀行は、2005 年に採択した赤道原則(Equator Principles)に基づき、大規模プロジェクトの環境・社会デューデリジェンスを実施しています。

4. 適用対象となる事業

本フレームワークは、主要子会社がファイナンスを提供する法人のお客さまが、当該国の法令や国際的なプラクティスに基づき環境や社会へ適切な配慮を実施するなどの、社会的責任を果たしていることを確認させて頂くための指針です。
MUFG は、環境・社会に対するリスクまたは影響の性質や重大性に鑑み、「ファイナンスを禁止する事業」、および「ファイナンスに際して特に留意する事業」を定め、対応を明確化しました。

  1. ファイナンスを禁止する事業
    以下に該当する事業は、重大な環境・社会に対するリスクまたは負の影響を内包すると考えます。主要子会社は、これらの事業に対して、環境・社会に対するリスクまたは負の影響を認識した場合はファイナンスを実行しません。
    A) 違法または違法目的の事業
    B) 公序良俗に反する事業
    C) ラムサール条約指定湿地へ負の影響を与える事業
    D) ユネスコ指定世界遺産へ負の影響を与える事業
    E) 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)に違反する事業(※)
    F) 児童労働・強制労働を行っている事業
  2. ファイナンスに際して特に留意する事業
    留意する事業に関する項目としては、セクター横断的な項目と特定セクターに係る項目があります。
    以下の項目に該当する事業には、環境・社会に対するリスクまたは負の影響が存在する可能性が高く、お客さまによる適切な環境・社会配慮の実施が期待されます。主要子会社がそれらの事業に対してファイナンスの実行を検討する際には、環境・社会に対するリスクまたは影響を特定・評価するプロセスでお客さまの環境・社会配慮の実施状況を確認します。
    お客さまの環境・社会配慮が、予想されるリスクまたは影響に比べて十分とは言えない場合には、ファイナンスを実行しません。
    ① セクター横断的な項目
    A) 先住民族の地域社会へ負の影響を与える事業
    B) 非自発的住民移転に繋がる土地収用を伴う事業
    C) 保護価値の高い地域へ負の影響を与える事業

    ②特定セクターに係る項目
    A) 石炭火力発電セクター
    環境保護、とりわけ気候変動への取り組みは、MUFG に与えられた社会的使命の中でも最も重要なものの一つであり、事業を通じた課題への解決策を提供するため、太陽光・風力などの再生可能エネルギー事業に対して積極的にファイナンスを実施しています。
    パリ協定の合意事項達成に向けた国際的な取り組みに賛同する立場から、温室効果ガス排出削減につながる先進的な高効率発電技術や二酸化炭素回収・貯留技術(Carbon dioxide Capture and Storage, CCS)などの採用を支持します。
    三菱UFJ 銀行と三菱UFJ 信託銀行は、石炭火力発電に係る新規与信採り上げに際しては、OECD 公的輸出信用アレンジメントなどの国際的ガイドラインを参考に、石炭火力発電を巡る各国ならびに国際的状況を十分に認識した上で、ファイナンスの可否を慎重に検討します。
    B) クラスター弾製造セクター
    クラスター弾は、一般市民に甚大な影響を与えてきた兵器です。内蔵する複数の子弾が空中で広範囲に散布する爆弾であり、人道上の懸念が大きいと国際社会で認知されています。
    クラスター弾の非人道性を踏まえ、クラスター弾製造企業に対するファイナンスを禁止しています。
5. 環境・社会に対するリスクまたは影響を特定・評価するプロセス

ファイナンスの対象となる事業の環境・社会に対するリスクまたは影響を特定し、評価するためのデューデリジェンスのプロセスを導入しています。

  1. 標準デューデリジェンス
    標準デューデリジェンスは、お客さまと直接接点を持つ主要子会社の事業部門の法人担当部署が実施します。ファイナンスの対象である事業が、「ファイナンスを禁止する事業」と「ファイナンスに際して特に留意する事業」に該当するか否か、入手可能な公開情報や、お客さまからご提供頂く情報等に基づき判断します。
  2. 強化デューデリジェンス
    「ファイナンスに際して特に留意する事業」に該当する場合、標準デューデリジェンスに加えて、主要子会社の環境・社会に対するリスクを管理する部署等が強化デューデリジェンスを実施します。強化デューデリジェンスの結果を十分考慮したうえで、ファイナンス実行の可否を決定します。
  3. 評判リスクに関する協議の枠組み
    ファイナンス対象の事業が、MUFG の企業価値を大きく毀損する可能性があると判断される場合には、経営階層のマネジメントが参加する枠組みにおいて、当該ファイナンス案件への対応を協議します。
6. 社内研修等
  1. 社内研修・教育
    世界的な環境・社会課題に対する取り組みや環境・社会配慮確認に関する理解を深め、本フレームワークの考え方やデューデリジェンス手続の浸透を目的として、主要子会社の事業部門の法人担当者等を対象とした研修を実施します。
    環境・社会に対するリスクを管理する部署等の担当者には、本フレームワークの取り組みの高度化を目的とした専門的な研修を実施します。
  2. ステークホルダー・エンゲージメント
    本フレームワークの運用は、様々なステークホルダーと建設的なコミュニケーションを図りながら進めます。こうした協働は、MUFG が対応すべき環境・社会に対するリスクまたは影響の適切な把握に寄与し、本フレームワークをより実効性の高い内容とするための見直しを検討する際の参考となります。

【免責文言】
本フレームワークの公表および運用開始により、MUFG またはグループ各社との間に何ら代理関係または契約関係が発生するものではなく、MUFG およびグループ各社は一切法的な義務や責任を負うものではありません。

※各国の留保事項には十分配慮するものとします。

社会(Social)

MUFG人権方針閉じる開く
1. 人権尊重へのコミットメント

三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は、経営ビジョンにおいて掲げている「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」を目指すうえにおいて、人権の尊重を経営において取り組むべき重要課題と認識するとともに、事業活動の全てにおいて、人権尊重の責任を果たす努力をすることを誓います。

2. 尊重する人権

MUFG は、国際的な人権基準として、以下を尊重します。

  • 世界人権宣言
  • 労働における基本原則および権利に関する宣言(国際労働機関(ILO))
  • ビジネスと人権に関する指導原則

加えて、以下の国際的なイニシアティブへの支持を表明し、推進しています。

  • OECD 多国籍企業ガイドライン
  • 国連グローバル・コンパクト
  • 責任投資原則/PRI
  • 赤道原則/Equator Principles
  • 国連環境計画・金融イニシアティブ/UNEP FI
  • 21 世紀金融行動原則

人権を保護する義務はまず国家にありますが、MUFG は、法令等による当該国における人権尊重の義務の有無を問わず、国際的に認められている人権に関連する基準等を支持し、尊重します。
なお、国際的に認められた基準等と当該国の法令等との間に矛盾がある場合、国際的な基準等を尊重するための方法を追求します。

3. MUFG 人権方針の位置づけ

MUFG は、金融機関の使命として、長期的な視点で、顧客や社会と末永い関係を築き、共に持続的な成長を実現することを「経営ビジョン」として掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。
MUFG 人権方針は、経営ビジョンおよび経営ビジョンのもとに定めている「行動規範」を踏まえ、事業活動を通じた人権の尊重に取り組んでいくことを誓うものです。

4. 適用範囲

MUFG 人権方針を踏まえ、グループ各社の役職員は、人権尊重に努めます。
さらに、グループ各社のお客さまやサプライヤー(納入業者)に対しても人権の尊重を働き掛けていくとともに、お客さまやサプライヤー(納入業者)が人権を尊重していない場合は、適切に対処するように努めます。

5. 役職員の人権

MUFG では、雇用や就業におけるあらゆる差別の解消・撤廃に取り組んでおり、人種、国籍、信条、宗教、障がい、門地、性別、性的指向、性自認、年齢、健康状態等による差別やセクシュアルハラスメントやパワーハラスメント等のハラスメント行為、強制労働や児童労働等の人権侵害を容認しないことを明確にし、役職員についてもその遵守を徹底しています。
また、グループ各社に職場内の人権侵害についての相談窓口を設け、相談を受け付けるとともに、これらの行為を許さず、防止する体制を整備しています。
加えて、役職員各層別への人権啓発研修を実施する等により、役職員一人ひとりが人権問題に対する正しい理解と認識を深めることに努めています。

6. お客さまへの人権配慮の要請

MUFG は、お客さまに対しても、人権を尊重し、侵害しないことを求めていきます。また、提供する商品やサービスが、人権侵害の発生と直接的に結びついている場合は、MUFG として適切に対応すると共に、適切な対応をとるようにお客さまに働きかけることにより、人権尊重を推進します。
お客さまとの取引に関しては、環境・社会への影響配慮の枠組みとして「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」を制定しており、取引可否の判断に際しては、必要に応じて当該ポリシーフレームワークに定めるデューデリジェンスを実施します。

7. サプライヤー(納入業者)への人権配慮の要請

MUFG は、サプライヤー(納入業者)に対しても、人権を尊重し、侵害しないことを求めていきます。また、サプライヤー(納入業者)において、人権への負の影響が引き起こされている場合には、MUFG として適切に対応することにより、人権尊重を推進します。

8. 救済措置等

MUFG は、グループ各社の役職員や提供する商品・サービスが、人権に対して負の影響を引き起こした、あるいはこれに関与したことが明らかになった場合、適切に対応し、その救済に取り組みます。

9. ガバナンス・管理体制

MUFG 人権方針は、環境・社会課題への対応を審議するCSR 委員会において審議され、経営会議で決定されました。
またその内容は、CSR 委員会において、定期的に見直し要否を審議するほか、事業活動の変化やビジネス環境の変化に応じて、随時見直します。

10. ステークホルダー・エンゲージメント

MUFG は、MUFG 人権方針に基づく取り組みにおいて、関連するステークホルダーとの対話と協議を行うことにより、人権尊重の取り組みの向上と改善に努めていきます。

MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク閉じる開く
1. はじめに

国際社会は、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の合意事項の達成を目指し、人類および全ての生物の生存基盤である地球環境の保全と、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいます。
三菱UFJ フィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は、グローバルに活動する総合金融グループの使命として、長期的な視点でお客さまや社会と末永い関係を築き、共に持続的な成長を実現することを経営ビジョンに掲げ、その実現に向けて地球環境の保全や多様な人権の保護などへの取り組みを進めます。
また、金融機能を通じた環境および社会の課題解決に積極的に取組み、持続的な事業成長と企業価値向上の実現を目指します。
MUFG は、グループ各社の事業活動により生じる環境・社会に対するリスクを真摯に対応すべき経営上の重要課題と認識し、様々なステークホルダーの意見や考え方を踏まえ、MUFG の環境への取組方針を定めた「MUFG 環境方針」、MUFG の人権への取組方針を定めた「MUFG 人権方針」のもと、「MUFG 環境・社会ポリシーフレームワーク」(以下、本フレームワーク)を制定しました。
以下では、環境・社会問題に適切に対応すると同時に、持続可能な環境および社会の発展に寄与していくためのMUFG の取り組みの方向性を提示します。こうした取り組みが、持続可能な環境および社会の実現を後押しし、より望ましい成果をもたらすと期待しています。
また、本フレームワークについては、グループ各社のお客さまにも内容をお伝えし、ご理解とご協力を働きかけます。

2. ガバナンス

MUFG は、経営活動を遂行するにあたっての指針として、経営ビジョンを定めています。また、経営ビジョンの実現のため、グループ各社の役職員の日々の行動に際しての具体的な判断や行動の基準として、行動規範を定めています。本フレームワークについても、経営ビジョンや行動規範を踏まえて制定しています。

  1. MUFG 環境・社会ポリシーフレームワークの位置付け
    本フレームワークは、MUFG 環境方針およびMUFG 人権方針に基づき、環境・社会課題に対応する取り組みの一環として制定するものであり、事業活動に伴う環境・社会に対するリスクを適切に把握・管理するために構築しています。また、MUFG の企業価値を毀損することが無いよう評判リスク管理の枠組みと整合するように構築しています。
  2. ガバナンス・管理体制
    MUFG では、経営会議の傘下にCSR 委員会を設置し、環境・社会課題への対応を審議しています。
    また、環境・社会に対するリスクまたは負の影響が大きく、MUFG の企業価値を毀損する可能性が高い個別案件については、評判リスク管理の観点から、必要に応じて、経営階層のマネジメントが参加する枠組みにおいて、対応を協議することとしています。
  3. 事業本部の役割
    事業本部は、お客さまにご提供する商品・サービスが、環境・社会配慮の観点から問題がないかについて、お客さまへのヒアリング等を踏まえ、環境・社会デューデリジェンスを実施します。環境・社会デューデリジェンスの実施においては、環境・社会に対するリスクを管理する部署等へ相談します。
  4. MUFG 環境・社会ポリシーフレームワークの管理
    本フレームワークは、CSR 委員会にて審議され、経営会議で決定されました。また、CSR 委員会にて、定期的に見直し要否を審議するほか、事業活動の変化やビジネス環境の変化等に応じて、随時見直します。
3. 適用対象となる商品・サービス

MUFG は、グループ各社がお客さまにご提供する商品・サービスのうち、お客さまの事業を支援する与信と債券・株式引受(以下、ファイナンス)を通じて、事業に内在する環境・社会影響を発生させ、または環境・社会に対するリスクを拡大させる可能性があると認識しています。
本フレームワークは、MUFG の主要子会社である三菱UFJ 銀行、三菱UFJ 信託銀行、および三菱UFJ 証券ホールディングス(以下、主要子会社)の法人のお客さま向けの、全ての国・地域における新規のファイナンスに適用します。主要子会社は本フレームワークをそれぞれの業務に固有な社内の手続きと基準に組み入れます。
また三菱UFJ 銀行は、2005 年に採択した赤道原則(Equator Principles)に基づき、大規模プロジェクトの環境・社会デューデリジェンスを実施しています。

4. 適用対象となる事業

本フレームワークは、主要子会社がファイナンスを提供する法人のお客さまが、当該国の法令や国際的なプラクティスに基づき環境や社会へ適切な配慮を実施するなどの、社会的責任を果たしていることを確認させて頂くための指針です。
MUFG は、環境・社会に対するリスクまたは影響の性質や重大性に鑑み、「ファイナンスを禁止する事業」、および「ファイナンスに際して特に留意する事業」を定め、対応を明確化しました。

  1. ファイナンスを禁止する事業
    以下に該当する事業は、重大な環境・社会に対するリスクまたは負の影響を内包すると考えます。主要子会社は、これらの事業に対して、環境・社会に対するリスクまたは負の影響を認識した場合はファイナンスを実行しません。
    A) 違法または違法目的の事業
    B) 公序良俗に反する事業
    C) ラムサール条約指定湿地へ負の影響を与える事業
    D) ユネスコ指定世界遺産へ負の影響を与える事業
    E) 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)に違反する事業(※)
    F) 児童労働・強制労働を行っている事業
  2. ファイナンスに際して特に留意する事業
    留意する事業に関する項目としては、セクター横断的な項目と特定セクターに係る項目があります。
    以下の項目に該当する事業には、環境・社会に対するリスクまたは負の影響が存在する可能性が高く、お客さまによる適切な環境・社会配慮の実施が期待されます。主要子会社がそれらの事業に対してファイナンスの実行を検討する際には、環境・社会に対するリスクまたは影響を特定・評価するプロセスでお客さまの環境・社会配慮の実施状況を確認します。
    お客さまの環境・社会配慮が、予想されるリスクまたは影響に比べて十分とは言えない場合には、ファイナンスを実行しません。
    ① セクター横断的な項目
    A) 先住民族の地域社会へ負の影響を与える事業
    B) 非自発的住民移転に繋がる土地収用を伴う事業
    C) 保護価値の高い地域へ負の影響を与える事業

    ②特定セクターに係る項目
    A) 石炭火力発電セクター
    環境保護、とりわけ気候変動への取り組みは、MUFG に与えられた社会的使命の中でも最も重要なものの一つであり、事業を通じた課題への解決策を提供するため、太陽光・風力などの再生可能エネルギー事業に対して積極的にファイナンスを実施しています。
    パリ協定の合意事項達成に向けた国際的な取り組みに賛同する立場から、温室効果ガス排出削減につながる先進的な高効率発電技術や二酸化炭素回収・貯留技術(Carbon dioxide Capture and Storage, CCS)などの採用を支持します。
    三菱UFJ 銀行と三菱UFJ 信託銀行は、石炭火力発電に係る新規与信採り上げに際しては、OECD 公的輸出信用アレンジメントなどの国際的ガイドラインを参考に、石炭火力発電を巡る各国ならびに国際的状況を十分に認識した上で、ファイナンスの可否を慎重に検討します。
    B) クラスター弾製造セクター
    クラスター弾は、一般市民に甚大な影響を与えてきた兵器です。内蔵する複数の子弾が空中で広範囲に散布する爆弾であり、人道上の懸念が大きいと国際社会で認知されています。
    クラスター弾の非人道性を踏まえ、クラスター弾製造企業に対するファイナンスを禁止しています。
5. 環境・社会に対するリスクまたは影響を特定・評価するプロセス

ファイナンスの対象となる事業の環境・社会に対するリスクまたは影響を特定し、評価するためのデューデリジェンスのプロセスを導入しています。

  1. 標準デューデリジェンス
    標準デューデリジェンスは、お客さまと直接接点を持つ主要子会社の事業部門の法人担当部署が実施します。ファイナンスの対象である事業が、「ファイナンスを禁止する事業」と「ファイナンスに際して特に留意する事業」に該当するか否か、入手可能な公開情報や、お客さまからご提供頂く情報等に基づき判断します。
  2. 強化デューデリジェンス
    「ファイナンスに際して特に留意する事業」に該当する場合、標準デューデリジェンスに加えて、主要子会社の環境・社会に対するリスクを管理する部署等が強化デューデリジェンスを実施します。強化デューデリジェンスの結果を十分考慮したうえで、ファイナンス実行の可否を決定します。
  3. 評判リスクに関する協議の枠組み
    ファイナンス対象の事業が、MUFG の企業価値を大きく毀損する可能性があると判断される場合には、経営階層のマネジメントが参加する枠組みにおいて、当該ファイナンス案件への対応を協議します。
6. 社内研修等
  1. 社内研修・教育
    世界的な環境・社会課題に対する取り組みや環境・社会配慮確認に関する理解を深め、本フレームワークの考え方やデューデリジェンス手続の浸透を目的として、主要子会社の事業部門の法人担当者等を対象とした研修を実施します。
    環境・社会に対するリスクを管理する部署等の担当者には、本フレームワークの取り組みの高度化を目的とした専門的な研修を実施します。
  2. ステークホルダー・エンゲージメント
    本フレームワークの運用は、様々なステークホルダーと建設的なコミュニケーションを図りながら進めます。こうした協働は、MUFG が対応すべき環境・社会に対するリスクまたは影響の適切な把握に寄与し、本フレームワークをより実効性の高い内容とするための見直しを検討する際の参考となります。

【免責文言】
本フレームワークの公表および運用開始により、MUFG またはグループ各社との間に何ら代理関係または契約関係が発生するものではなく、MUFG およびグループ各社は一切法的な義務や責任を負うものではありません。

※各国の留保事項には十分配慮するものとします。

購買活動に関する考え方閉じる開く

MUFGは、紙・その他資材に関する購買活動を、以下の考え方に沿って実施しています。

  1. 購買先の公平・公正な選定と取り扱い
    経済的合理性に基づき公平・公正に取引先を決定します。特定の取引先に正当な理由なく特別な待遇を与えたり、不当に不利益を課しません。
  2. 法令・社会規範の遵守
    購買活動にあたり、関連するすべての法令、ルールを遵守し、高い倫理観に基づき行動します。
  3. 機密情報の厳守
    購買活動を通じて知り得た、取引先の機密情報は厳格に管理します。
  4. 環境への配慮
    地球温暖化防止、生物多様性保全等、環境配慮も視野に入れた購買活動に努めます。特に紙については、適切な森林管理のもと生産される等、環境面に配慮した商品の購入を原則とします。また、環境認証を取得する等、環境面に配慮した行動を志す企業を敬い、パートナーとしての絆を深めていきます。
  5. 購買先への協力要請
    基本的人権の尊重、法令の遵守、反社会的勢力との取引排除、環境配慮等、公正かつ健全な企業活動を求めます。
  6. 購買先とのパートナーシップの維持
    すべての取引先をパートナーとして尊重し、対等かつ誠実な対応により信頼・協力関係の維持に努めます。優越的な地位を盾に、不当な利益を要求したり、受けたりはしません。
英国現代奴隷法への対応閉じる開く

2015年に英国で施行された現代奴隷法により、MUFGグループ傘下の対象企業は自社の事業およびサプライヤーにおける労働力搾取および人身取引防止の取り組みに関して声明を以下の通り公表しています。

クラスター弾への対応閉じる開く

クラスター弾は、一般市民に甚大な影響を与えてきた兵器です。内蔵する複数の子弾が空中で広範囲に散布する爆弾であり、人道上の懸念が大きいと国際社会で認知されています。日本では、クラスター弾の製造禁止や所持の原則禁止を定めた法律が施行されています。全国銀行協会は上記法律施行を踏まえ、行動憲章の精神に則り、銀行業務の公共的使命の重みを認識し、2010年10月、クラスター弾の製造を資金使途とする与信を、国の内外を問わず行わないことを申し合わせました。
全国銀行協会の正会員である三菱UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行は、クラスター弾製造を資金使途とする与信を禁止してきましたが、クラスター弾の非人道性を踏まえ、2017年12月以降、資金使途に関わらず、クラスター弾を製造する企業に対する与信を禁止しています。

個人情報保護方針閉じる開く

MUFGグループ 個人情報保護方針

MUFGグループは、経営ビジョンのもと、お客さまの個人情報、個人番号及び特定個人情報(以下個人番号と特定個人情報を「特定個人情報等」といいます)を適切に取扱うことがMUFGグループの社会的責務であると認識し、次のとおり個人情報保護方針を定め、役職員一同がこれを遵守することによって、お客さまの個人情報と特定個人情報等の保護に万全をつくしてまいります。

  1. MUFGグループは、お客さまの個人情報・特定個人情報等の適正な取扱いに関する法令その他の規範を遵守いたします。
  2. MUFGグループは、お客さまの個人情報・特定個人情報等を適正に取得いたします。また、法令に定める場合を除き、お客さまの個人情報・特定個人情報等の利用目的を通知または公表し、お客さまの個人情報・特定個人情報等をその利用目的の範囲内において使用いたします。特定個人情報等について、法令で定められた利用目的の範囲内でのみ使用いたします。
  3. MUFGグループでは、個人情報・特定個人情報等を取り扱うすべての役職員が個人情報・特定個人情報等の保護の重要性を理解し、お客さまの個人情報・特定個人情報等を適切に取扱うよう教育いたします。
  4. MUFGグループは、お客さまの個人情報・特定個人情報等に関し、不正アクセス、紛失、改ざんおよび漏洩等の防止に努め、適切な安全管理措置を実施いたします。
  5. MUFGグループは、法令に定める場合を除き、お客さまの個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく第三者(MUFGグループの内外を問いません)に提供することはいたしません。また、法令に定める場合を除き、お客さまの特定個人情報等を第三者(MUFGグループの内外を問いません)に提供することはいたしません。
  6. MUFGグループがお客さまの個人情報・特定個人情報等の取扱いを委託する場合は、お客さまの個人情報・特定個人情報等の安全管理が図られるよう適切に監督いたします。
  7. MUFGグループでは、お客さまの個人情報・特定個人情報等の開示・訂正等の手続を定めます。また、個人情報・特定個人情報等の取扱いに関するご意見・お問合せを承ります。
  8. MUFGグループは、個人情報・特定個人情報等の保護のための管理体制および取組みを継続的に見直し、その改善に努めてまいります。

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(持株会社単体)個人情報保護方針

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下「当社」といいます)は、経営ビジョンのもと、個人情報、個人番号及び特定個人情報(以下個人番号と特定個人情報を「特定個人情報等」といいます)を適切に取扱うことが当社の社会的責務であると認識し、次のとおり個人情報保護方針を定め、役職員一同がこれを遵守することによって、個人情報と特定個人情報等の保護に万全をつくしてまいります。
なお、詳細については「個人情報のお取扱いについて」をご覧ください。

  1. 当社は、個人情報と特定個人情報等の適正な取扱いに関する法令その他の規範を遵守いたします。
  2. 当社は、個人情報・特定個人情報等を適正に取得いたします。また、法令に定める場合を除き、個人情報・特定個人情報等の利用目的を通知または公表し、個人情報・特定個人情報等をその利用目的の範囲内において使用いたします。特定個人情報等について、法令で定められた利用目的の範囲内でのみ使用いたします。
  3. 当社では、個人情報・特定個人情報等を取り扱うすべての役職員が個人情報・特定個人情報等の保護の重要性を理解し、個人情報・特定個人情報等を適切に取扱うよう教育いたします。
  4. 当社は、個人情報・特定個人情報等に関し、不正アクセス、紛失、改ざんおよび漏洩等の防止に努め、適切な安全管理措置を実施いたします。
  5. 当社は、法令に定める場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはいたしません。また、法令に定める場合を除き、特定個人情報等を第三者に提供することはいたしません。
  6. 当社が個人情報・特定個人情報等の取扱いを委託する場合は、個人情報・特定個人情報等の安全管理が図られるよう適切に監督いたします。
  7. 当社では、個人情報・特定個人情報等の開示・訂正等の手続を定めます。また、個人情報・特定個人情報等の取扱いに関するご意見・お問合せを承ります。
  8. 当社は、個人情報・特定個人情報等の保護のための管理体制および取組みを継続的に見直し、その改善に努めてまいります。

個人情報のお取扱いについて

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下「当社」といいます)における個人情報・個人番号・特定個人情報の取扱いについて、以下のとおり公表いたします。

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述により特定の個人を識別することができるもの、または「個人識別符号」が含まれるものをいいます。
(「個人識別符号」とは、以下のいずれかに該当するもので、政令等で個別に指定されたものをいいます。
 (1)身体の一部の特徴をコンピュータ処理できるよう変換したデータ <例>顔・静脈・声紋・指紋認証用データ等
 (2)国・地方公共団体等により利用者等に割り振られる公的な番号 <例>運転免許証番号、パスポート番号、個人番号(マイナンバー)等)
「個人番号」とは、住民票コードを変換して得られる番号で、個人を識別するために指定されるものをいいます。(いわゆる「マイナンバー」のことをいいます)
「特定個人情報」とは、上記の「個人番号」を内容に含んだ個人情報をいいます。 (「特定個人情報等」とは、上記の「個人番号」と「特定個人情報」を、あわせたものをいいます。)

1.利用目的について
  1. 当社は、以下の個人情報を保有・利用しています。
    1. 株主の皆さまの個人情報(氏名・住所・株式数等)
    2. 当社ホームページ等において資料請求や問い合わせをされた方の個人情報(氏名・住所・お勤め先・メールアドレス等)
      当社は個人情報の利用目的が明確になるよう具体的に定めるとともに、各種アンケート等への回答に際しては、アンケートの集計のためのみに利用するなど、取得の場面に応じて利用目的を限定するよう努めます。
      また、子会社の経営管理を行ううえでの必要性から、個人情報保護法第23条第5項第3号に基づき、お客さまのお取引に係わる情報の一部を、後述5.のとおり、共同利用させて頂いております。
  2. 当社は、株主の皆さま等の特定個人情報等を保有・利用しています。「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」の規定に基づき、当社は、特定個人情報等について、同法で認められた利用目的以外の目的のためには取得、利用いたしません。
  3. 当社は、株主の皆さま等から直接書面で個人情報・特定個人情報等を取得する場合、あらかじめ利用目的を明示します(法令に明示の必要なしと規定されている場合を除く)。
2.第三者提供について

当社は、法令に定める場合を除き、予めご本人の同意を得ることなく、これらの個人情報を第三者に提供することはいたしません。当社は、法令に定める場合を除き、特定個人情報等を第三者に提供することはいたしません。

3.資料送付の中止について

当社は、ディスクロージャー誌、アニュアルレポート等の資料送付について、お客さまおよび投資家の方から送付の中止の申し出を頂いたときは、遅滞なくそれ以降の当該目的での個人情報の利用を中止する措置をとります。

4.委託について

当社が、業務委託に伴い個人情報・特定個人情報等の取扱いを委託する場合には、当社所定の基準に則り選定した業務委託先において、当社が委託した業務以外に個人情報・特定個人情報等が利用されることがないよう、また、当社の個人情報保護方針および規則等に準じた安全管理措置が確保されるよう、業務委託先と個人情報・特定個人情報等の取扱いに関する契約を締結する等したうえで委託いたします。

5.個人データの共同利用について

当社は、以下のとおり、個人情報保護法第23条第5項第3号に基づき、お客さまの個人データを、共同利用させて頂いております。(特定個人情報等については共同利用いたしません)

  1. 株式会社三菱UFJ銀行との共同利用
    1. 共同利用する個人データの項目
      お借り入れその他の与信取引で株式会社三菱UFJ銀行がお取引させて頂いているお客さまの情報(氏名・住所・お取引内容)
    2. 共同利用者の範囲
      当社および株式会社三菱UFJ銀行
    3. 利用目的
      信用リスク管理
    4. 個人データの管理責任者
      株式会社三菱UFJ銀行 融資企画部長
  2. 三菱UFJ信託銀行株式会社との共同利用
    1. 共同利用する個人データの項目
      お借り入れその他の与信取引で三菱UFJ信託銀行株式会社がお取引させて頂いているお客さまの情報(氏名・住所・お取引内容)
    2. 共同利用者の範囲
      当社および三菱UFJ信託銀行株式会社
    3. 利用目的
      信用リスク管理
    4. 個人データの管理責任者
      三菱UFJ信託銀行株式会社 経営管理部長
  3. MUFGグループでの共同利用

    MUFGグループでは、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループを中心としたグループ全体の経営管理やリスク管理の実施に加え、グループ各社の専門性を活かした連携の強化による、より付加価値の高い各種金融商品やサービスの提供のために、以下の共同利用を行います(金融商品取引法等個人情報保護法以外の関連法令等により共同利用の制限がある場合、当該法令等に則った取扱いを行います)。

    1. 共同利用する個人データの項目
      イ. お客さまおよびお客さまのご家族等の属性情報(氏名、住所、職業等)
      ロ. 同財務情報(収入、支出、資産、お借入れ状況等)
      ハ. 同お取引の内容に関する情報(商品・サービスの種類、取引金額、ご契約日等)
      ニ. 同お取引の管理に必要な情報(店番・口座番号等の各種管理番号、取引記録、ご融資実施時の査定内容等お取引実施に際しての判断に関する情報等)
    2. 共同利用者の範囲
      株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ、同社の連結子会社、および同社の持分法適用関連会社(注)
      (注)株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの毎年3月末日現在の連結子会社および持分法適用関連会社は、同年に発行する有価証券報告書に記載されています。このうち、個人情報保護法第23条第5項第3号に基づく対外告知を実施済みの会社を対象とします。
    3. 共同利用者の利用目的
      イ. 各種リスクの把握および管理等、MUFGグループとしての経営管理および各種リスク管理の適切な遂行のため
      ロ. MUFGグループが提供するより高品質の各種金融商品やサービスの企画・開発のため
      ハ. MUFGグループの各種金融商品やサービスに関する個別のご提案やご案内のため
    4. 個人データの管理について責任を有する者の名称
      株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
    5. 各種金融商品やサービス提供のための共同利用の中止

      本共同利用のうち、各種金融商品やサービス提供のための共同利用(上記3.ロおよびハ)につきましては、下記のお問い合わせ窓口に対してお客さまからの共同利用停止のお申し出があった場合には以後の共同利用を速やかに停止致します。
      (お客さまの情報のMUFGグループでの共同利用に関するお問い合わせ窓口)
      お問い合わせ窓口:0120-511-687(フリーダイヤル)
      受付時間:月~金曜日 9:00~17:00(祝日・12/31~1/3等を除く)

6.お問い合わせについて

当社の個人情報・特定個人情報等の取扱いに係わるご意見・ご要望・お問い合わせにつきましては、以下の各窓口までご連絡ください。

  1. 株主の皆さまの個人情報・特定個人情報等に係わるお問い合わせ先

    株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(総務部)
    〒100-8330 東京都千代田区丸の内2-7-1
    電話番号:03-3240-8111(代表)
    受付時間:9:00~17:00(祝日を除く、月~金)

    なお、株主の皆さまの株主名簿上の情報、配当金のお受取に係わる情報等につきましては、以下の窓口まで直接お問い合わせください。

    三菱UFJ信託銀行株式会社(証券代行部)
    〒137-8081 新東京郵便局私書箱第29号
    電話番号:0120-232-711(通話料無料)
    受付時間:9:00~17:00(祝日を除く、月~金)
  2. ディスクロージャー誌、アニュアルレポート等の資料送付のための個人情報、当社ホームページの「IRお問い合わせ窓口」に入力された個人情報に係わるお問い合わせ先

    株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(財務企画部)
    〒100-8330 東京都千代田区丸の内2-7-1
    電話番号:03-3240-8111(代表)
    受付時間:9:00~17:00(祝日を除く、月~金)

  3. 共同利用する個人情報に係わるお問い合わせ先
    1. 株式会社三菱UFJ銀行との共同利用
      株式会社三菱UFJ銀行(個人情報に関するお問い合わせ窓口)
      〒100-8388 東京都千代田区丸の内2-7-1
      電話番号:03-3240-5980
      受付時間:9:00~17:00(祝日を除く、月~金)
    2. 三菱UFJ信託銀行株式会社との共同利用
      三菱UFJ信託銀行株式会社(個人情報に関するお問い合わせ窓口)
      〒100-8212 東京都千代田区丸の内1-4-5
      電話番号:03-6250-3160
      受付時間:9:00~17:00(祝日を除く、月~金)
    3. MUFGグループでの共同利用
      上記5(3)5のとおりです。
7.開示請求等の受付方法

個人情報保護法第27条第2項、第28条第1項、第29条第1項、ならびに第30条第1項および第3項に基づく開示等のご請求等の手続は、以下のとおりといたします。

  1. 株主の皆さまの個人情報・特定個人情報等に係わる開示等のご請求
    1. 申込窓口
      6(1)に記載の窓口にご連絡ください。
    2. 申込手続
      当該窓口にご連絡頂いた後、所定の申込書およびご本人(または代理人等)の確認書類をご提出頂きます。申込書につきましては、窓口にお越しの際に直接お渡しするか、お届け頂いている住所に郵送いたします。
    3. 回答方法
      開示等のお申込みを頂いた窓口より、書面その他の方法により回答いたします。郵送の場合は、お届け頂いている住所にお送りいたします。なお、代理人等によるお申し込みの場合であっても、ご本人に直接回答することがございますので、予めご了承願います。
    4. 開示等を行えない場合
      次に定める場合には、開示等のご請求等を受け付けかねますので、予めご了承願います。
      イ. ご本人(または代理人等)の本人確認ができない場合
      ロ. 代理人等によるご依頼に際して、代理権等が確認できない場合
      ハ. 依頼書類に不備があった場合

    また、次に定める場合には、個人情報保護法第28条第1項の規定による開示のご請求に対する回答をいたしかねますので、予めご了承願います。
    イ. ご依頼のあった情報項目が当社の保有個人データに該当しない場合
    ロ. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    ハ. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    ニ. 他の法令に違反することとなる場合

  2. ディスクロージャー誌、アニュアルレポート等の資料送付のための個人情報、当社ホームページの「IRお問い合わせ窓口」に入力された個人情報に係わる開示等のご請求
    1. 申込窓口
      6(2)に記載の窓口にご連絡ください。
    2. 申込手続
      当該窓口にご連絡頂いた後、所定の申込書およびご本人(または代理人等)の確認書類をご提出頂きます。申込書につきましては、窓口にお越しの際に直接お渡しするか、窓口にご連絡頂いた際に承った住所に郵送いたします。
    3. 回答方法
      開示等のお申込みを頂いた窓口より、書面その他の方法により回答いたします。なお、代理人等によるお申し込みの場合であっても、ご本人に直接回答することがございますので、予めご了承願います。
    4. 開示等を行えない場合
      次に定める場合には、開示等のご請求等を受け付けかねますので、予めご了承願います。
      イ. ご本人(または代理人等)の本人確認ができない場合
      ロ. 代理人等によるご依頼に際して、代理権等が確認できない場合
      ハ. 依頼書類に不備があった場合

    また、次に定める場合には、個人情報保護法第28条第1項の規定による開示のご請求に対する回答をいたしかねますので、予めご了承願います。
    イ. ご依頼のあった情報項目が当社の保有個人データに該当しない場合
    ロ. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    ハ. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    ニ. 他の法令に違反することとなる場合

  3. 共同利用する個人情報につきましては、6(3)に記載の窓口にご連絡ください。株式会社三菱UFJ銀行および三菱UFJ信託銀行株式会社、並びに株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社および同社の持分法適用関連会社の開示等に関する手続により回答いたします。手続の詳細につきましてはそれぞれのホームページ等に掲載する「個人情報のお取扱いについて」をご覧ください。
8.全国銀行個人情報保護協議会について

当社は、金融分野における認定個人情報保護団体である全国銀行個人情報保護協議会の会員です。全国銀行個人情報保護協議会の苦情・相談窓口(銀行とりひき相談所)では、会員の個人情報の取扱いについての苦情・相談をお受けしております。

全国銀行個人情報保護協議会: http://www.abpdpc.gr.jp
苦情相談窓口: 電話番号03-5222-1700 またはお近くの銀行とりひき相談所

9.改訂について

本取扱いは、平成18年1月1日以降に適用するものといたします。

当社では、個人情報・特定個人情報等の保護を図るために、またその他の規範の変更に対応するために、「個人情報保護方針」「個人情報のお取扱いについて」を改訂することがございます。特に重要な変更につきましては、当社のホームページ等においてお知らせいたします。

関連サイト

サイバーセキュリティ経営宣言閉じる開く
1. 経営課題しての認識

経営者自らが最新情勢への理解を深めることを怠らず、サイバーセキュリティを投資と位置づけて積極的な経営に取り組みます。また、経営者自らが現実を直視してリスクと向き合い、経営の重要課題として認識し、経営者としてのリーダーシップを発揮しつつ、自らの責任で対策に取り組みます。
お客さまの大切な資産を守ること、ならびに金融サービスを安全かつ安定的に稼働させることは MUFGの社会的責務であるとの認識のもと、サイバー攻撃等に関するリスクをMUFGのトップリスクの1つとして位置づけ、経営会議・取締役会等での議論・検証のもと、経営レベルでリスク対策を推進します。

2. 経営方針の策定と意思表明

特定・防御だけでなく、検知・対応・復旧も重視した上で、経営方針やインシデントからの早期回復に向けたBCP(事業継続計画)の策定を行います。経営者が率先して社内外のステークホルダーに意思表明を行うとともに、認識するリスクとそれに応じた取り組みを各種報告書に自主的に記載するなど開示に努めます。
具体的には、サイバーセキュリティに関する経営方針に基づき、リスクの特定や防御の取り組みに加え、検知・対応・復旧をリードする専担ライン(MUFG-CERT)の設置、手続・マニュアルの整備、定期的な演習・訓練を通じたインシデント対応能力の強化、コンティンジェンシープランの整備を実施します。また、ディスクロージャー誌等を通じてセキュリティ強化の取り組みについて開示します。

3. 社内外体制の構築・対策の実施

予算・人員等のリソースを十分に確保するとともに、社内体制を整え、人的・技術的・物理的等の必要な対策を講じ、経営・企画管理・技術者・従業員の各層における人材育成や教育を行います。また、取引先や委託先、海外も含めたサプライチェーン対策に努めます。
具体的には、サイバーセキュリティに係る専担組織を置き、必要な予算・人員等のリソースを確保いたします。セキュリティ教育プログラム等を整備し人材育成を図ると共に、金融ISAC※1との協働活動等を通じ広く業界内にノウハウを共有します。先進技術を活用したセキュリティ対策の実施に努めます。また、クラウドサービス等の委託先や海外も含めたサイバーセキュリティ対策状況のモニタリングを通じてサプライチェーン対策を実施します。

4. 対策を講じたシステムやサービスの社会への普及

システムやサービスの開発・設計・製造・提供をはじめとするさまざまな事業活動において、サイバーセキュリティ対策に努めます。
例えば、インターネットバンキング等のサービスを安心・安全にご利用いただくために、ワンタイムパスワードカード及びスマートフォンアプリを配布するなど、お客さまにおいてご利用可能なセキュリティ対策を充実させるとともに、不正な取引のモニタリングを実施します。新たなシステムやサービスの開発時には安全なセキュリティ対策を実施し、お客さまが使いやすく安心してご利用いただけるサービスの提供に努めます。

5. 安心・安全なエコシステムの構築への貢献

関係官庁・組織・団体等との連携のもと、積極的な情報提供による情報共有や国内における対話、人的ネットワーク構築を図ります。また、各種情報を踏まえた対策に関して注意喚起することによって、社会全体のサイバーセキュリティ強化に貢献します。
具体的には、金融庁、内閣サイバーセキュリティセンター、情報処理推進機構、警察などの関係省庁等と適時適切な連携を行うと共に、金融ISAC※1、FS-ISAC※1のほか、ICT-ISAC※2等も含めた国内外のクロスセクターとの情報共有と活用を推進し、グローバルベースで社会全体のサイバーセキュリティの向上に貢献します。

  1. 金融ISAC、FS-ISAC
    金融機関を会員とするセキュリティ関連情報及び分析結果の共有を目的とする会員制組織。金融ISACは日本で業を行う金融機関を対象とし、FS-ISACは米国を対象とするもの、三菱UFJフィナンシャル・グループも加盟。
  2. ICT-ISAC
    ネットワークのセキュリティ確保を目的とした通信事業者や放送事業者などの一般企業を対象とした社団法人。三菱UFJフィナンシャル・グループは、クロスセクターとして協業。

ガバナンス(Governance)

利益相反管理方針閉じる開く

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ及びその傘下子会社等を含めた企業グループ(以下、総称して「当グループ」といいます。)は、次のとおり利益相反管理方針を定め、役職員一同がこれを遵守することによって、お客さまの利益を不当に害することがないよう、また、MUFGフィデューシャリー・デューティー基本方針に基づき、お客さま本位の業務運営を実現することができるよう、万全をつくしてまいります。

第1章 利益相反

1.利益相反

利益相反とは、お客さまの利益と当グループの利益、又は当グループが義務を負っている複数のお客さま間の利益が、競合・対立する状況等をいいます。

こうした利益相反は金融コングロマリット化の進展や多種多様な金融取引によって日常的に生じておりますが、当グループ内の利益相反による弊害を防止するため、適切な経営管理態勢やコンプライアンス態勢を構築してまいります。

第2章 銀行法及び金融商品取引法等に基づく利益相反管理

1.利益相反による弊害のおそれがある取引等の特定

当グループは、以下に掲げる状況が発生しやすい業務を中心に、特に管理が必要な業務等(以下、「管理対象業務」といいます。)をあらかじめ特定します。そして、これらの管理対象業務を遂行する場合に生じる、利益相反の弊害のおそれがある取引等について、レピュテーショナル(風評)・リスクにも留意し、重点的に管理を行います。

  1. 当グループがお客さまへ助言業務を提供している場合等、お客さまが自身の利益が優先されると合理的な期待を抱かれる状況
  2. 当グループがお客さまとの取引で得た情報を利用することにより、市場等で不当に利益を上げるおそれが高い状況
  3. 当グループとお客さまとの取引に伴い、レピュテーショナル・リスクが生じるおそれの高い状況

管理対象業務の代表例は、以下のとおりです。
M&Aに関する業務 資産・債権流動化に関する業務 シンジケートローンに関する業務 プリンシパルインベストメントに関する業務 株式・債券引受に関する業務 社債管理に関する業務

2.利益相反管理の対応を要する会社

当グループのうち、管理対象業務を行う会社を、利益相反管理の対応を要する会社とし、管理体制を整備いたします。対象となる会社の代表例は、以下のとおりです。
株式会社三菱UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行株式会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 カブドットコム証券株式会社 株式会社中京銀行

3.利益相反の管理体制

当グループでは、法令上利益相反管理体制整備義務を負う会社に利益相反を管理・統括する部署を設置し、利益相反を一元的に管理いたします。
また、利益相反の管理に関する法令その他の規範を遵守し、態勢整備を継続的に行ってまいります。

4.利益相反の管理方法

当グループは、以下に掲げる方法を適切に組み合わせること等により、利益相反による弊害を防止し、お客さまの利益を不当に害することがないよう取り組んでまいります。

  1. 利益相反による弊害のおそれのある取引を行う部門(会社)を他の部門(会社)から分離する方法
  2. 利益相反による弊害のおそれのある取引の一方又は双方の条件又は方法を変更する方法
  3. 利益相反による弊害のおそれのある取引の一方を中止する方法
  4. 利益相反による弊害のおそれがあることをお客さまに開示する方法

第3章 MUFGフィデューシャリー・デューティー基本方針に基づく利益相反管理

当グループは、MUFGフィデューシャリー・デューティー基本方針の「4.多様なニーズにお応えする商品ラインアップの整備」及び「5.お客さまの投資成果向上に向けた運用の高度化」に基づき、以下の点等に留意しつつ、利益相反を適切に管理いたします。

  1. お客さまの資産形成に資する商品選定および販売手続き等の整備
  2. 運用業務における独立性・透明性の確保

また、MUFGフィデューシャリー・デューティー基本方針に基づく取組みを実践する会社の代表例は、以下のとおりです。
株式会社三菱UFJ銀行 三菱UFJ信託銀行株式会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社 カブドットコム証券株式会社 三菱UFJ国際投信株式会社 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 エム・ユー投資顧問株式会社

反社会的勢力に対する基本方針閉じる開く

MUFGグループは、次のとおり反社会的勢力に対する基本方針を定め、役職員一同これを遵守することにより、業務の適切性と安全性の確保に努めます。

1.組織としての対応

反社会的勢力に対しては、行動規範・社内規定等に明文の根拠を設け、経営トップ以下、組織全体として対応します。また、反社会的勢力に対応する従業員の安全を確保します。

2.外部専門機関との連携

平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築することに努めます。

3.取引を含めた一切の関係遮断

反社会的勢力に対しては、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。

4.有事における民事と刑事の法的対応

反社会的勢力による不当要求を拒絶し、必要に応じて民事および刑事の両面から法的対応を行います。

5.裏取引や資金提供の禁止

反社会的勢力との裏取引は絶対に行いません。
反社会的勢力への資金提供は絶対に行いません。

贈収賄防止への取り組み閉じる開く

グローバルに事業展開するMUFGグループは、国際社会での贈収賄防止に向けた取り締まり強化をうけ、海外贈収賄防止規制への対応を重要課題の一つとして捉え、必要なルールの整備を行っています。グループベースの対応として「MUFG贈収賄防止規則」を制定のうえ、グループ各社において贈収賄防止のための規則・規程・手続きを整備し、管理態勢を一層強化しております。また、研修・教育による周知を継続しルールの浸透に努めております。

MUFGグループ情報開示方針閉じる開く
  • 目的

    本方針は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下「当社」といいます。)および子会社等(以下「MUFGグループ」と総称します。)の預金者、取引先その他のお客さま、株主、投資家、社会等のすべてのステークホルダーの皆さまに対する情報開示の理念ならびに手続および体制を定め、これに従った情報開示を行うことにより、MUFGグループに関する公平・公正かつ適切な情報開示を実現するとともに、ステークホルダーの皆さまとの対話を通じて得た知見の経営プロセスへの適切な還元を通じて、MUFGグループの成長と企業価値の向上をめざすことを目的とします。

  • 基本的な考え方

    MUFGグループの情報開示は、以下の基本的な考え方に基づくものとします。

    • 法令・規則の遵守
      MUFGグループは、金融商品取引法、会社法、銀行法その他の関係法令およびMUFGグループの有価証券を上場している国内外の証券取引所その他の監督当局の規則等(以下「法令等」と総称します。)を遵守し、適時・正確・適切な情報開示を行います。
    • 開示の透明性・わかりやすさ
      MUFGグループは、開示の透明性を確保するとともに、継続性・一貫性などにも配慮しながら、ステークホルダーの皆さまにとってわかりやすい情報開示を行うよう努めます。さらに、法令等により義務付けられている情報開示にとどまらず、MUFGグループに対する理解を深めていただくために重要または有益と判断される情報については、自発的に開示します。
    • 開示の公平性・公正性
      MUFGグループは、重要情報(注1)に関しては、適時・適切なタイミングにおいて、すべてのステークホルダーの皆さまに公平・公正かつ適切に開示するよう努めます。
    • ステークホルダーの皆さまとの建設的な対話
      MUFGグループは、ステークホルダーの皆さまとの建設的な対話を通じて、MUFGグループに対する理解を深めていただくとともに、ステークホルダーの皆さまの関心事項等を踏まえた適切な対応を行い、かかるステークホルダーの皆さまとの対話を通じて得た知見をMUFGグループの持続的成長と中長期的な企業価値の向上に活かすように努めます。
    (注1)
    法令等に基づき開示が義務付けられている情報および公表前の確定的な決算情報(年度または四半期の決算に係る確定的な財務情報)であって当社の有価証券の価格に重要な影響を与える情報を「重要情報」とします。
  • MUFGグループの情報開示

    MUFGグループは、法令等に基づくいわゆる法定開示および適時開示に加えて、以下のような方法・媒体を用いて、ステークホルダーの皆さまがMUFGグループに対する理解を深めていただくために重要または有益と思われる情報を自主的に開示します。

    • 統合報告書、アニュアルレポート、MUFG通信等の発行
    • 個人投資家、アナリスト・機関投資家、海外投資家向けに開催する定期説明会におけるコミュニケ―ション
    • ステークホルダーの皆さまからの要請に応じた個別(ワン・オン・ワン)の対話も適宜行うことがあります。
  • 重要情報の開示に係る社内手続と体制

    当社は、情報開示の適切性および正確性を確保するための社内体制の整備に努めています。
    当社は、取締役会から権限委譲を受けた経営会議が定めた「適時開示規程」に基づき、重要情報に係る情報開示を行っています。情報開示の是非、情報開示時期および内容は、当該情報を所管する部署、ならびに総務部、コーポレート・コミュニケーション部広報室および財務企画部が、協議により決定します。総務部は、原則として6ヶ月ごとに、経営会議傘下の情報開示委員会に対し、適時開示規程の内容・改正および運用状況、情報開示された内容・時期および方法、ならびに開示を行わなかった情報および非開示の理由を報告します。当社の子会社等の情報については、当社の直接出資子会社の報告担当部署を通して総務部に報告されます。なお、直ちに経営会議に報告することが適切と判断するときは、情報開示委員会への報告に先立ってまたはこれと同時に経営会議に直接当該事項を報告します。
    また、情報開示委員会は、グループCEO(Chief Executive Officer)またはグループCFO(Chief Financial Officer)の宣誓を要する報告書、ならびに財務報告に係る内部統制等に関して経営者が作成する報告書について、開示情報の記載内容の適正性、情報開示および財務報告の内部統制・手続きの有効性について審議します。情報開示委員会で審議された重要事項は、随時、取締役会または経営会議に付議または報告されます。

  • 情報開示の方法

    金融商品取引法に基づく法定開示は金融庁が運営する「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)」を通じて、適時開示については東京証券取引所が運営する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」を通じて、また国外の法令等に基づく開示は証券取引所その他の監督当局により定められた開示システムを通じて行うとともに、原則として、これらにより開示した情報は当社のウェブサイトにも掲載します。また、当社は、銀行法に基づく公告等については、法令等の定めに従って情報開示を行い、適切と認められる場合には当社のウェブサイトにも掲載します。
    当社は、情報開示にあたっては、ウェブサイトの活用などにより、国内のみならず、海外の市場にも十分に配慮しながら、英文での開示も含め、公平・公正かつ適切に情報を開示するよう努めます。

  • 資本市場参加者に対する情報開示

    当社は、上記に加え、株主・投資家・証券アナリスト・格付機関等の資本市場参加者に対して公平・公正かつ適切に情報を開示するため、下記に配慮します。

    • 資本市場参加者との対話
      当社は、MUFGグループの戦略や企業価値への理解を深めるための統合報告書の発行等に加え、説明会や面談等の様々な機会を活用しながら、資本市場参加者の皆さまとの建設的な対話を行います。また、資本市場参加者からの質問等への回答に差が生じないよう、対話を行う者は、資本市場参加者から頻繁に聞かれる財務情報等への回答・説明方針を共有するよう努めます。
    • 選択的開示に関する考え方
      投資家との個別ミーティングや小規模ミーティングは、MUFGグループについての適切な理解を促進するために行われるものであり、これらのミーティングにおいては、重要情報を一部の投資家のみを選別して、選択的開示を行わないものとします。未公表の重要情報を取引関係者等(注1)へ伝達する場合には、原則として、伝達と同時に当社ウェブサイトにて当該重要情報を公表する等、公平・公正かつ適切な情報開示に努めます。
      なお、取引関係者が当社との契約または法令に基づく守秘義務および当社の有価証券に係る売買等を行わない義務を負う者である場合等においては、状況に応じて、当該重要情報の公表を差し控える場合があります。
    (注1)
    取引関係者とは、情報受領者として(1)金融商品取引業者、登録金融機関、信用格付業者若しくは投資法人その他の内閣府令で定める者またはこれらの役員等および(2)当該上場会 社等の投資者に対する広報に係る業務に関して重要情報の伝達を受け、当該重要情報に基づく投資判断に基づいて当該上場会社等の上場有価証券等に係る売買等を行う蓋然性の高い者として内閣府令で定める者をいいます。

(2018年7月現在)

top