[ ここから本文です ]

今後のアクションプラン

今後のアクションプラン

MUFGは、「MUFGカーボンニュートラル宣言」においてコミットした2050年までの投融資ポートフォリオのGHG排出量ネットゼロ等の実現に向けた取り組みを進め、世界が直面している最も深刻な問題の一つである気候変動への対応を牽引していきます。

さらに、TCFDの提言を踏まえ、気候変動に関するリスクと機会に対し、取締役会の監督のもとで引き続き取り組みを進め、その状況については、適時・適切かつ積極的に開示します。

気候変動への取り組みに係るアクションプラン
開示推奨項目 アクションプラン(~2022年度中)
ガバナンス
  • ・TCFD提言を踏まえた気候変動への取り組み状況や課題、情報開示等について、サステナビリティ委員会にて審議した上、経営会議に報告後、取締役会に報告・審議
  • ・「カーボンニュートラル実現に向けた取り組み」に係る社外取締役向け説明会(エデュケーショナル・セッション)の実施
  • ・気候変動に関するリスクおよび機会を評価・管理する経営陣に対して、気候変動への対応の他、生物多様性や人権等の社会課題への対応に係る勉強会の実施
戦略
  • ・MUFGカーボンニュートラル宣言の具体化・推進
  •  ー投融資ポートフォリオの2050年ネットゼロに向けた、セクター別2030年中間目標の追加開示検討
  •  ー自社排出の2030年ネットゼロに向けたロードマップの策定
  • ・エンゲージメントの深化と、エンゲージメントを踏まえた多様なソリューション提供
  • ・シナリオ分析対象セクターの拡大
リスク管理
  • ・ファイナンスポリシー(MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク)の継続的な見直し
  • ・気候変動関連リスク管理体制の確立・維持および管理方法や与信プロセスへの反映方法等の継続検討
指標と目標
  • ・Scope3(投融資を通じたGHG排出)におけるセクター別中間目標の追加開示検討
  • ・Scope1,2(自社からのGHG排出)における、グローバルでの排出量集計・開示と再生可能エネルギー切替等のGHG削減施策の実行
(2022年9月現在)